ページの先頭です

1月29日(金)地域貢献型特別研究(ACTR)「府立大学オリジナル酒『なからぎ』の歩みとリニューアル」リモート成果報告会 を開催!

[2021年1月22日]

  京都府立大学では、京都府内の地域振興や産業・文化の発展等に貢献することを目的として、地域貢献型特別研究(ACTR)を実施しています。府内各地で本学教員が自治体、NPO、経済団体などと連携して、地域課題解決に向けた調査研究活動に取り組み、地域と大学を繋ぐ研究に取り組んでいます。
 平成24年からACTRにおいて京都府及び伏見酒造組合と連携し、京都府独自の酒造好適米「祝」と酒造原料米の新品種「京の輝き」の特性を研究し、平成26年には府大オリジナル酒「なからぎ」をプロデュースしました。その「なからぎ」が、令和2年に、京都市産業技術研究所で新酵母「京の恋」が研究開発されたことにより、酵母の変更、ならびに透光性の低い緑色の瓶へとリニューアルいたしました。この度、新たな「なからぎ」のお披露目と共に、報告会を開催することといたしましたので、お知らせいたします。 
 
【日 時】 令和3年1月29日(金) 14:00~16:00 (開始時間前から入室可能です。)
 
       Zoomにて配信 ※無料・事前申込要・70名まで 下記専用フォームにてお申込みください。

         お申込みフォーム☞ https://chiemori.jp/sangaku/?page_id=22329&preview=true
 
【内 容】 

       『京都府オリジナル酒「なからぎ」の歩みとリニューアル』
 
      1.「「純米吟醸なからぎ」開発の経緯とリニューアルの狙い」

          生命環境科学研究科 教授 増村威宏

       2.「酒米「京の輝き」の育成とその後」

          伏見酒造組合 前原料委員会委員長 若井芳則 氏

       3.「京都市産技研の清酒酵母開発と新酵母「京の恋」について」

          京都市産業技術研究所 次席研究員 清野珠美 氏

       4.「産学公連携の大学オリジナル商品のマーケットに関する考察」

          生命環境科学研究科 准教授 中村貴子(本報告会 コーディネータ)

 ※講演後にパネルディスカッションや質疑応答も予定しております。ぜひご参加ください!  

 

【主催】京都府立大学 京都地域未来創造センター

     一般社団法人 京都知恵産業創造の森

【後援】京都府、地方独立行政法人 京都市産業技術研究所

     伏見酒造組合京都府中小企業団体中央会

     大学オリジナル酒研究会、京都植物バイテク談話会

「なからぎ」成果報告会チラシ

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

京都府立大学 京都地域未来創造センター
電話: 075-703-5390 E-mail: kirpinfo@kpu.ac.jp

1月29日(金)地域貢献型特別研究(ACTR)「府立大学オリジナル酒『なからぎ』の歩みとリニューアル」リモート成果報告会 を開催!への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.