グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


教育

公共政策学部


公共政策学部


教育の理念・目標

生涯にわたる人間発達を多様に実現する社会(福祉社会)を、個人、NPO、地域コミュニティ、企業、行政などが協働して築くために、より高い政策立案能力や問題発見・解決能力を持った人材、地域における福祉や人間形成の担い手となる人材を育成して行きます。

学部長からのメッセージ

福祉社会の実現をめざし、公共政策を拓く!
福祉社会とは、人々が幸福に生きるための社会的基盤が整備された社会を意味しています。それは、すべての人々がその能力を最大限に発展・開花させることができる条件が保障された社会です。私たちの学部では、福祉社会の実現を目指して、様々な学問分野の教員が教育と研究に取り組んでいます。
学部は2つの学科からなります。公共政策学科は、政府や地方自治体の果たすべき役割、 NPOや自主的組織の活動のあり方を探求し、政策づくりについて学び、より良い地域社会の構築に貢献する人材を養成します。福祉社会学科は、福祉社会実現の道筋や条件を明らかにするとともに、それを実践的に担う社会福祉、更生保護、児童福祉、教育など、多様な分野の専門的人材を養成する学科です。
私たちの学部の特長は、学生と教員の距離がとても近いこと。少人数教育によるゼミ(演習)と実習が4年間を通じて行われ、行政や地域、福祉の現場に触れながら知識と経験を積むことができます。
あなたも、私たちと一緒に学んでみませんか!

公共政策学部長 桂 明宏 教授

教員紹介

公共政策学部の構成

「福祉社会の実現をめざし、公共政策を拓く」ために、公共政策学部には公共政策学科と福祉社会学科の2つの学科をおいています。

「福祉社会」を実現する政策を切り拓くために、法学、政治学、経済学をはじめとする社会科学の諸分野について教育・研究を行います。


地域の福祉と人々の生涯発達の視点から、「福祉社会」実現のための総合的な理論、方法、さらにその基礎となる諸科学について教育・研究を行います。



  1. ホーム
  2.  >  教育
  3.  >  公共政策学部