グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


教育

取得できる資格(精神保健福祉士)



京都府立大学の精神保健福祉士養成

本学では、2008年の精神保健福祉士養成課程開設以降、卒業生のほぼ全員が国家資格を取得して、保健・医療・福祉の現場で活躍しています。少人数教育を活かした質の高い専門職養成教育と2012年より続く卒後教育が特色です。また現在では、近畿二府四県の国公立大学で唯一の養成課程となっています。

精神保健福祉士とは?

1940年代後半より精神科病院等で精神障害者の相談支援にあたってきた、PSW(Psychiatric Social Worker)の活動に連なる形で、1997年に誕生した精神保健福祉領域のソーシャルワーカーの国家資格です。なお現在は、日本精神保健福祉士協会の英語名称にMHSW(Mental Health Social Workers)が用いられています。 国内のソーシャルワーカーの国家資格には、主に精神障害のある方の支援を専門とする「精神保健福祉士」と、それ以外の領域の問題を幅広く扱う「社会福祉士」があります。資格の別にかかわらず、いずれもが、「ソーシャルワーク」を実践する専門職である「ソーシャルワーカー」です。

精神保健福祉士について(厚生労働省HP)
International Federation of Social Work(国際ソーシャルワーカー連盟HP)

第24回 精神保健福祉士国家試験合格発表

第24回 精神保健福祉士 国家試験合格発表(公共政策学部 福祉社会学科 精神保健福祉士養成課程)

本学精神保健福祉士養成課程11期生(公共政策学部 福祉社会学科4回生)3名は、全員が合格いたしました。卒業後はそれぞれ、精神科医療機関や指定障害福祉サービス事業所で、専門職としてのキャリアをスタートさせます。

本学で同資格を取得した卒業生の95%が、医療または福祉領域の公務員または民間の専門機関・施設の職員として就職しています。資格取得を最終目的とするのではなく、「専門職としていかに医療・福祉の現場で有用な働きができるようになるか」を強く意識している学生が多く、卒業後も学内の卒後教育の場を活用するなどして、研鑽に努めています。

本学の少人数教育の強みを活かして、今後も、単なる知識や技術の習得に留まらず、支援を必要としている人の心に寄り添うことのできる、質の高い専門職人材を輩出することを通じて、公立大学としての地域・社会貢献に務めて参ります。
                                                           
第24回精神保健福祉士国家試験合格発表(厚生労働省HP 報道発表資料)
「第24回精神保健福祉士国家試験学校別合格率」(参考資料)
2022年3月16日

薬物依存症リハビリ施設 京都DARC(ダルク)の見学

 2月5日(土)に、認定特定非営利活動法人 京都DARCさんにて、精神保健福祉士を目指す学生の見学を受け入れていただきました。京都DARCさんは住宅街の中にある薬物依存リハビリセンターで、地域社会の中で薬物を使わない生活を目指す人たちを入所、通所の形で支えておられます。スタッフや利用者のみなさんには、毎年、学生の施設見学や福祉社会学科1回生の授業へのご出講など、大変お世話になっています。                               
 例年は、施設の開所時間から夕方まで利用者と同じ日課を過ごし、夜は地域の自助グループ(NA: Narcotics Anonymous)に参加させていただくのですが、今回はCOVID-19の影響で夕方までとなりました。                                                                              
 みなさんにあたたかく接していただいたおかげで、学生たちは緊張しすぎることもなく、座学では得られない多くの学びや気づきを持ち帰ることができました。貴重な機会をいただきましたこと、心から感謝申し上げます。                                                                                                                                                                                                                                                                      
                                                            2022.2.8             
(参加学生の感想)
 プログラム全てに同席させていただきました♪暖かい飲み物を淹れてくださったり、ちょっとした時間に談笑したり、かば焼きを一緒に作ったり♪皆さんの優しさと、美味しそうな香りに心がほっこり暖かくなった1日でした☺︎京都ダルクの皆さん、本当にありがとうございました!(2回生・Fさん)

 笑顔が多く明るく温かな雰囲気で、一緒に料理したり何気ない会話がとても楽しかったことが印象的です!ダルクの皆様の温かなお気遣いに心が温かくなり、また多くのことを学びました。短い時間でしたが、貴重な機会を設けていただき本当にありがとうございました!(2回生・Tさん)

▷昼食づくりにも参加させていただきました!
2022年2月8日

第29回ソーシャルワーク実践研究会 開催

 本学精神保健福祉士養成課程では、卒業生を対象とする研修を年間通じて実施しています。

 精神保健福祉士の資格は、国家試験に合格することにより取得できます。しかし資格は、ソーシャルワーク専門職として即戦力たり得ることを証明するわけではありません。他の専門職同様に、資格取得によって専門職の現場に入ることを許され、そこで働きながら経験を積み、多くの先輩の仕事ぶりに学び、助言を得ながら、何年もかけて一人前へと成長していくのです。

 こうした専門職としての成長を支えるものとして、職場のOJTや職能団体が開催する研修がありますが、本学ではそれらに加えて、卒業生のみが参加できるクローズドな形式での卒後教育の機会を提供しています。

 今回のスピーカーは、本学を2019年3月に卒業された大西佳奈子さん。本学卒業後、京都市内の単科精神科病院に勤務しておられます。2年間の相談室勤務を経て、デイケアに異動して迎えたソーシャルワーカー3年目の思いを語ってくれました。今回は、卒業生のみで参加者も少なめであったことから、グループスーパービジョンのような形を取ることができ、卒業生クローズド形式の強みを実感することとなりました。

 これからも卒業生がゆっくりと着実に成長していくことを見守り、支えていきたいと思います。(山野尚美)


【第29回ソーシャルワーク実践研究会】 
日時: 2021年11月28日(日) 14:00〜17:00
会場: オンライン
テーマ: ソーシャルワーカーにできること・すべきこと
話題提供 大西佳奈子さん(精神保健福祉士)
参加者:5名(卒業生3名、教員2名)


▷たまたま、日頃の業務でも関わりがある
メンバーがそろい、ホッとできる時間になりました。
2021.11.29

精神保健福祉士養成課程の見学実習再開!

 精神保健福祉士養成課程では、国家試験受験資格取得のために、4年次に医療機関と福祉事業所での合計6週間の配属実習が必修となっています。そしてその事前学習として、3年次には見学実習が行われます。

 昨年からのCOVID-19の影響で、医療・福祉の現場に入らせていただくことが難しくなっていましたが、緊急事態宣言の解除後の10月28日(木)に、見学実習が再開されました。再開第一弾の見学先は、寝屋川市にある社会福祉法人みつわ会さんhttps://www.mitsuwakai.com。メンバーさん(サービスの利用者)の主体性を尊重しながら、さまざまな機能の事業所を展開しておられます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
 今回の見学では、2017年みつわ会に就職して3年目の本学卒業生が、メンバーさんと共に施設見学と法人全体の機能や事業内容についての説明を担当してくれました。細かな心配りが垣間見られ、とても頼もしく思いました。みつわ会さんには、感染防止のためにまだ厳しい状況が続く中で、見学を受け入れていただき、そして卒業生を大切に育ててくださり、心から感謝申し上げます。
2021年11月5日





◁まずはメンバーのお二人から事業の説明。






▷法人全体の理念や事業ネイ用の説明に加えて、後輩たちに卒業生ならではのメッセージも。




◁2021年10月28日の見学での3回生と案内役の卒業生。見学2週間前からの行動自粛や検温等の要請など、現場では今も限界体制が続いています。




▷2017年8月24日の見学。マスクがないとみんなの笑顔もひときわ輝いて見えますね。

第28回ソーシャルワーク実践研究会開催

 本学精神保健福祉士養成課程では、卒業生を対象とする研修を年間通じて実施しています。
 COVID-19の感染拡大により、昨年から一時的にオンライン上での開催となっていますが、卒業生の「学び続けたい」との思いに変わりはありません。
 今年度2回目のスピーカーは、本学を2015年3月に卒業された横田健太郎さん。
 職域/職種をまたいだキャリアチェンジの体験を中心に、クローズドな場だからこそのお話しを聴かせていただきました。職業経験を積む中での自信と自己過信なども含む、とてもリフレクティブなお話しで、参加者の心に深く響くものとなりました。
 雇用を取り巻く状況が大きく変化し、専門職においても職場や働き方、そして職種の変更も珍しくない時代です。今回は、いつもとは少し違う角度から、「ソーシャルワーカーとは」「精神保健福祉士(国家資格)とは」そして「自分にとっての職業/仕事とは」について、一緒に考えることができる、貴重な機会となりました。
 2012年3月卒業の1期生から在学3回生までが、同じテーマについて語り合えるのは、京都府大で学ぶ/学んだという絆があってこそと思います。これからも大切にしてほしいと願っています。
2021年9月27日

【第28回ソーシャルワーク実践研究会】 
日時: 2021年9月26日(日) 14:00〜17:00
会場: オンライン
内容: テーマ: 精神保健福祉士Come and Go
話題提供 「社会人7年目の棚卸し」 横田健太郎さん(精神保健福祉士・社会福祉士)
参加者:9名(卒業生5名、在学生3名、教員1名)



◁遠方のメンバーも参加できるのがオンラインの良いところ。赤ちゃんがいて、カメラ/マイクをオフで参加のメンバーも。COVID-19が収束したら、稲盛記念会館に一緒に来てね!

第27回ソーシャルワーク実践研究会開催

 本学精神保健福祉士養成課程では、卒業生を対象とする研修を実施しています。昨年度からは、COVID-19の感染拡大により、オンライン上での開催となっていますが、卒業生の「学び続けたい」との思いに変わりはありません。

 今年度最初の回をご担当頂いたのは、本学を1989(平成元)年3月に卒業された、榎原紀子さん。榎原さんは卒業後、大阪府下の精神科クリニック、精神科病院の勤務を経て、現在は社会福祉法人の相談支援事業所で相談支援専門員として勤務しておられます。また2013年からは、本学非常勤講師として「精神保健福祉相談援助の基盤 II」をご担当いただいています。

 今回主にお話しいただいたのは、ケースワークを中心とする所属先での業務ではなく、それらを実質的に強化することにつながる「地域活動」「専門職としての研修・交流活動」「研究活動」「専門職集団としての活動」などの所属先以外での活動についてでした。
 常により弱い人々の側に立とうとすることの大切さについて、ご自身がその難しさに直面されたエピソードにもふれながらお話しくださるなど、全体を通して、実践に裏打ちされた真摯なメッセージに溢れるお話しでした。そして、ソーシャルワーカーがsocialな視点をより一層強めることの必要性や、行動の自由の制限等の人権の制限について、それが精神科医療以外の場面でも生じていることに目を向ける必要性など、参加者が自身の日々の相談支援を再確認する手がかりをお示しいただけたように思います。
今回のように、豊富な実践経験のある先輩に学ぶことができるのは、長きに亘って対人支援専門職を輩出してきた本学の強みであると言えます。これからも卒業生同士の絆が深まり、広がっていくことを願っています。
2021年5月24日


【第27回ソーシャルワーク実践研究会】 
 日時: 2021年5月23日(日) 14:00〜17:00
 会場: オンライン
 内容: 講演・質疑 「地域づくりとソーシャルアクション」 榎原紀子さん(精神保健福祉士)
 参加者:11名(卒業生5名、在学生4名、教員2名)

精神保健福祉士養成課程 第9回 卒業生交流会

 本学精神保健福祉士養成課程では、2012年3月の1期生卒業以降、毎年2月に卒業生交流会を開催しています。しかし、多くが医療機関や福祉事業所に勤務していることから、今年度は例年の稲盛記念会館での対面開催に代えて、紙面での交流となりました。
 COVID-19収束の出口が見えない中、メンタルヘルスについての関心はますます高まっています。本課程は現在では関西圏の国公立大学で唯一の精神保健福祉士養成課程となっており、本学の少人数教育を活かした、質の高い対人支援専門職養成に期待が寄せられています。
 対面での活動が難しい状況が続きますが、卒業生が、京都府立大学で学んだソーシャルワーカーの絆を深め、互いに助け合って専門職として求められるスキルを高めるための学びを続けていけるよう、引き続きサポートしていきます。
2021年4月1日






◁第9回交流会は、あえてアナログなスタイル

第26回ソーシャルワーク実践研究会開催

 今年度3回目のソーシャルワーク実践研究会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、前回に引き続きオンラインでの開催となりました。
 今回の発表者は精神保健福祉士養成課程8期生の千坂蓮さん。千坂さんは養護老人ホームで生活支援員として勤務した後、現在は精神科スーパー救急病棟を有する総合病院の精神科相談室で精神保健福祉士として勤務されています。
 新卒で入職し、1年で転職することに対して申し訳なさを感じていたこと、自分の気持ちを言語化することの難しさ、今後目指したい支援のあり方など、千坂さんの生の声を聞くことができました。また転職にあたって自分と向き合うことになった時期に、精神保健福祉士養成課程の先輩や、先生方に相談をすることができて非常に助かったという話もありました。今回の千坂さんの報告を通して、年齢、職場は違えども、同じ資格を持ち、気軽に相談できる仲間がいることの心強さを再確認することができたように思います。 
発表後は2グループに分かれて、発表の感想や自分たちが日々の業務で感じていることについて共有しました。ご自身の心の内を参加者と分かち合うような千坂さん報告は、それぞれの職場で働く卒業生はもちろん、これから就職を控える現役生にとっても訴えるものが多く、どちらのグループでも活発な意見交換がなされました。
 最後に当日全体を振り返っての感想を一人ひとり報告し、全体で共有しました。予定時間では足りなくなるほどに話が尽きず、それぞれが多くのことを感じ、考える会になったと思います。
 引き続いて、今後の交流会・勉強会の在り方について、参加者で検討を行いました。コロナ禍が長期化する中、変化の多いそれぞれの環境を踏まえた上で、全員が無理なくつながり続け、これまで積み上げてきた歴史をなくさないようにこの会を続けていく方法について、教員、卒業生、学生、それぞれの立場から意見交換を行いました。
 今後も、卒業生の絆を大切にしながら、柔軟に開催方法等を検討して勉強会・交流会を続けていきたいと思います。
(報告:公共政策学部 福祉社会学科 2018年度卒・8期生 津田流輝)
2020年12月7日


【第26回ソーシャルワーク実践研究会】  
 日時: 2020年11月29日(日) 14:00〜17:30
 方法: オンライン開催
  14:00~15:00 実践報告「社会人2年目の今、考えること」 (8期生 千坂 蓮さん)
  15:00~15:20 質疑応答
  15:20~15:30 休憩
  15:30~16:00 グループワーク
  16:00~17:00 全体で感想を共有
  17:00~17:30 今後の開催について検討
参加者:12名(卒業生7名、在学生3名、教員2名)

コロナ禍で、業務はさまざまな制約を受けているようです。

自分の想いを一生懸命言語化してくれた千坂さんに感謝!



◁マスク不要でみんなの表情が見える安心感がオンライン開催の良さ。

第25回ソーシャルワーク実践研究会開催

 今年度2回目のソーシャルワーク実践研究会はコロナウィルス感染拡大防止のため、前回に続きオンラインでの開催となりました。今回の発表者は精神保健福祉士養成課程で共に学んだ5期生の久保幸子さん。久保さんは京都市内にある障害者総合支援法に基づく障害者地域生活支援センターで、社会福祉士として勤務されています。地域生活支援センターは、相談支援や地域のネットワークづくりという幅広い事業を担う、地域福祉の中心的な存在です。
 当日は業務内容やセンター・相談員の役割に加えて、実際にどういった相談があるのか、それに対する対応の難しさやご自身の考え方への気づきについて事例を交えてわかりやすく報告して頂きました。また以前配属されていた障害者支援施設での業務をふまえ、現在の業務との視点の違いについてもお話しいただきました。地域生活支援センターや自立支援協議会について詳しく知らなかったという参加者も多く、自立支援協議会が、施設ごとだけではなく地域の課題について話し合うための場であることを知ることできました。そして施設を出ても住み慣れた地域で暮らしていくために地域のネットワークが必要となることを改めて考える良い機会となったと感じます。
後半では4~5人ずつのグループに分かれて、発表の感想や日頃の業務で感じていることを共有し合いました。実際に地域生活支援センターと業務の中でどのように関わっているかということや、自分の行う支援について他者からフィードバックをもらうスーパービジョンについても話が及びました。職場で相談できる環境があるかどうか、外部でスーパービジョンを受ける方法もあること、この実践研究会も卒業生同士でフィードバックを行う機会でもあるということなどを話し合いました。
(報告:公共政策学部 福祉社会学科 2015年度卒・5期生 毛戸菜月)
2020年9月30日


【第25回ソーシャルワーク実践研究会】  
日時: 2020年9月26日 14:00〜16:50
方法: オンライン開催
内容:14:00〜14:10 自己紹介
   14:10〜14:45 話題提供「今の私が考えていること」
                社会福祉士 久保幸子さん
   14:45〜15:05 質疑応答
   15:05〜15:15 休憩
   15:15〜16:05 グループセッション
   16:05~16:50 全体共有、今後の開催についての話し合い
参加者:11名(卒業生8名、在学生1名、教員2名)

第24回ソーシャルワーク実践研究会開催

 今年度1回目のソーシャルワーク実践研究会はコロナウィルス感染拡大防止のため、初のオンライン開催となりました。今回の発表者は7期生の内田加奈子さん。内田さんは京都府内にある障害者総合支援法に基づく自立訓練事業所で、精神保健福祉士として勤務されています。自立訓練事業所は、主に精神疾患を持つ方々が訓練や集団生活を通して、あらゆる生活技術を獲得したり、自らの望む生活の実現に向けて準備を進めていく場所です。通所・訪問だけでなく、京都府で唯一の宿泊型自立訓練を行っています。
 当日は業務内容や事業所・支援スタッフの役割に加えて、仕事のやりがいや面白さ、時に支援で感じる葛藤について、事例を交えてわかりやすく報告して頂きました。内田さんが悩んで言語化した葛藤は、それぞれの現場で活躍する他参加者も直面したことがあるものだったため、大きな共感を呼びました。このように発表者が葛藤を言語化することで、他参加者も自分が普段抱えている思いに改めて気づく良い機会となったと強く感じます。
後半では5人ずつのグループに分かれて、発表の感想や日頃の業務で感じていることを共有し合いました。オンライン上で活発な意見交換を行うことができ、30分では時間が足りないくらい盛り上がりました。実は関係機関同士の卒業生もおり、今後の業務でも連携できる顔の見える関係になったように思います。
初のオンライン開催となり不安もありましたが、通常の大学での開催と大きく変わらず研究会を行うことができました。また、遠方に住む人や子どもがいる人、妊婦など様々な事情で通常参加が難しい卒業生も、オンラインだからこそ参加することが可能となりました。今後もコロナウィルスの感染状況を注視しつつ、より良い方法で開催していく予定です。
(報告:公共政策学部 福祉社会学科 2012年度卒・2期生 田中亜紀)
2020月7月30日


【第24回ソーシャルワーク実践研究会】  
日時: 2020年7月26日 14:00〜16:45
方法: オンライン開催
内容:14:00〜14:10 自己紹介
   14:10〜14:45 話題提供「働いて3年目のわたしが 日々、感じていること」
                     精神保健福祉士 内田加奈子さん
   14:45〜15:05 質疑応答
   15:05〜15:15 休憩
   15:15〜15:55 グループセッション
   15:55~16:45 全体共有、今後の開催についての話し合い
参加者:10名(卒業生8名、教員2名)




◁初めてのオンライン開催。遠方に住む人や子どもがいる人、妊娠中の卒業生も、参加できました。


▷オンライン上ではありましたが、いつもと同じようにスライドも共有できました。




◁日々の実践を、自分の言葉で一生懸命伝えてくださいました。

【精神保健福祉士 国家試験合格発表】新卒合格率6年連続100%

 3月13日に、第22回精神保健福祉士国家試験の合格発表が行われました。
 本学公共政策学部 福祉社会学科 精神保健福祉養成課程からは、4名が受験し、全員が合格いたしました。
 卒業後はそれぞれ、精神科医療機関や指定障害福祉サービス事業所等で、専門職としてのキャリアをスタートさせます。日頃より、学生の教育にお力添えを頂いている皆様方には、心より感謝申し上げます。
 今後も、本学の少人数教育の強みを活かして、単なる知識や技術の習得に留まらず、支援を必要としている人の心に寄り添うことのできる、質の高い専門職人材を輩出し、公立大学としての「地域貢献・社会貢献」に務めて参ります。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


精神保健士養成課程 第8回卒業生交流会開催

2020年2月15日KPUPSW交流会が稲盛記念会館で行われました。
この交流会は精神保健福祉士課程の1期生が卒業された1年後の2013年から始まり、今回で8回目となります。

 交流会は5期生の中西さん、堀田さんの司会進行のもと進められました。冒頭の学部長の中島先生のご挨拶では、京都府立大学の現況、旧資料館の今後など周囲環境についてお話しいただきました。山野先生からはこの交流会の広がりについて、また精神保健福祉士養成課程の現状についてのご報告がありました。卒業後も学びあえるつながりをこれからももてるように、無理なく続けていける会にしてほしいというお話もありました。続いて在学生の近況報告があり、サークル活動や就活、卒論などの学生生活やその後の進路について現時点での思いを聞くことができました。

 後半は2期生の加藤さん、村岡さんの司会で「〇年目の今話したいこと」をテーマに、「ワールドカフェ形式」でのグループワークを行いました。ワールドカフェ形式は、共通のテーマについて各テーブルでの話を引き継ぎながら、メンバーを入れ替えて話し合います。グループワークでは、「自分がやりたいことは何なのかわからない」「就職先をどう考えて決めましたか」「休日は何をしていますか」「実習が不安で」という在学生の悩みや質問に卒業生が自分のことを思い出しながらコメントする場面や、現在の職場での経験などを話す場面がみられました。在学生にとっては卒業後の実際を感じられる機会になったのではないかと思います。また仕事や生活、それぞれの関心ごとなど、他の参加者の話しを聞くことや自分の経験を話すことを通して、卒業生にとっても新たな気づきを得られ、自分自身を振り返ることができたのではないかと思いました。

 今回の交流会はグループワークの時間を多くとり、メンバーを入れ替えながら行いました。そのためいつもより多くの参加者と話すことができ、よりいっそう親睦を深める機会となりました。
(報告:公共政策学部 福祉社会学科 2015年度卒・5期生 久保幸子)


第8回KPUPSW交流会
【日時】 2020年2月15日 13:30~17:30
【会場】 京都府立大学 稲盛記念会館 204教室・会議室
【タイムスケジュール】
第一部:13:30~14:10                 第二部:14:30~17:30
開催の挨拶(学部長 中島先生)            グループワーク(ワールドカフェ形式)
精神保健福祉士養成課程の報告(山野先生)       テーマ:「〇年目の今話したいこと」
在学生・卒業生の近況報告               まとめ

【参加者】 29名 (卒業生16名、在学生9名、学内教員3名、学外教員1名)
2020.2.19

中島学部長からのご挨拶

ワールドカフェ形式のグループワークでより親交を深めました。

グループワークの最後には、皆で話しあったことを共有しました。

今年度で退職される中島学部長と参加者全員で記念撮影!


第23回ソーシャルワーク実践研究会開催

 今年度4回目のソーシャルワーク実践研究会の発表者は6期生の菊池今日子さん。菊池さんは大阪府高槻市にある精神科クリニック、こうあいクリニックのデイケアで精神保健福祉士として勤務されています。
 当日は普段の仕事の様子をこうあいクリニックデイケアの特色を交えながら報告して頂きました。また実際のプログラムとして組み込まれているメタ認知トレーニングを実践して下さり、デイケアでの様子をより身近に感じることができました。就労移行とデイケアでの就労支援の違いを含め、日々の業務の中で感じている葛藤など報告して下さり、初めて知ること、共感出来ることが多くあり、いい機会となりました。菊池さんが、社会人3年目を迎え自信を持って業務に取り組まれているのが伝わってくる報告でした。
 同窓生だからこそ、どのような考えを持ち、精神保健福祉士として日々業務に取り組んでいるのか興味関心を持つことができ、併せて自身の日々の振り返り、価値観を見つめ直すことの出来る有意義な時間であったように思います。
 今後も実践研究会を通じ、自己研鑽に努めていきたいと思います。
(報告:公共政策学部 福祉社会学科 2016年度卒・6期生 佐織みなつ)
2020年1月31日


【第23回ソーシャルワーク実践研究会】  
 日時: 2020年1月26日 13:30〜17:00
 会場: 本学 稲盛記念会館 204講義室
 内容:14:45〜16:00 話題提供 「こうあいクリニックデイケアの紹介」
            医療法人光愛会こうあいクリニックデイケア
                 菊池今日子さん(精神保健福祉士)
   16:15~17:00 グループセッション
 参加者:12名(卒業生10名、教員2名)




◁話がとても上手な菊池さん。みんな聞き入ってしまいました。

△卒業生同士のカップルが赤ちゃんを連れてきておられ、研究会前に赤ちゃんを囲んで記念撮影をしました。

△デイケアで実際に取り組まれているプログラムの体験も行いました。


第22回ソーシャルワーク実践研究開催

今回は普段の勉強会とは異なり、京都府立大学の教室を飛び出して、卒業生が現在働いている職場を実際に訪問して説明を聞く、見学会を実施しました。
現在3名の卒業生が働く『みつわ会』は、大阪府寝屋川市内で精神障害をもつ人たちの地域生活をサポートする活動を行っている社会福祉法人です。
この日は津田流輝さん(8期生)が働く就労継続支援B型事業所オアシス、亀田清美さん(5期生)が働く就労継続支援B型事業所みつわ会寝屋川製作所、村岡はなこさん(2期生)が働くブリーゼ(生活訓練事業所クローバー、生活介護事業はるか)を見学し、事業の概要や支援内容の説明を受けました。
昼食はみつわ会が運営するカフェコッカラへ行き、オシャレな空間の中で美味しいカレーランチを参加者全員で食べました。カフェコッカラでは当事者の方が店員として働いており、地域の中で当事者が働く現場を見ることができました。
実際に卒業生が働く職場へ行き、普段の支援や作業時の工夫などを見聞きすることで、実践現場に立つ卒業生同士、意見交換も活発に行われました。精神疾患をもつ方が暮らしやすい環境を共につくるというみつわ会の理念をもとに、様々な実践をされているように感じました。ホスト側(見学を受けた側)の卒業生も普段の実践を振り返り、それを言語化することを意識する機会になったようです。
今回初めて研究会の一環で卒業生の職場へ足を運びましたが、普段の勉強会では見聞きできないものを学ぶことができました。来年度以降も見学会を取り入れ、互いに気づきを得て切磋琢磨していけたらと思います。
(報告:公共政策学部 福祉社会学科 2012年度卒・2期生 加藤 亜紀)
2019年12月25日

【第22回ソーシャルワーク実践研究会】  
 日時: 2019年12月7日(土) 11:30~17:10
 会場: 社会福祉法人みつわ会
 内容:11:30〜12:15 ランチ(カフェコッカラ)
    12:30〜13:00 寝屋川製作所見学
    13:15〜13:45 オアシス見学
    14:00〜15:30 ブリーゼ見学、各事業所説明
    15:45~17:10 グループセッション
 参加者:12名(卒業生9名 在学生1名、教員2名)





▷カフェコッカラでこの日のランチ、カレーをおいしくいただきました。食事の器も壁の絵画もとても素敵なカフェでした!



◁ブリーゼ(生活介護事業所はるか)も見学させていただきました。




▷見学後、意見交換会も行いました。

第21回ソーシャルワーク実践研修会開催

 今回は、本学の精神保健福祉士養成課程 1期生であり、障害のある方への就労支援の最前線で活躍されている飛川さんに発表して頂きました。
 飛川さんの職場である、岡山障害者職業センターは、障害のある方に対して就職や職場復帰等へ向けた支援を行う機関です。センターでは障害者雇用を行う事業主へのサポートなど幅広い業務があり、その概要をご説明頂きました。
 そのなかでも、飛川さんの担当業務である「職業準備支援」は、個別カリキュラムをもとに、履歴書の書き方など就職に関する知識や職業生活技能等の習得をめざすものです。企業での就労を想定した支援は、本人の希望や状態を聞き取ったうえで、適切に評価し、本人へフィードバックを行う細やかな支援が求められるようです。
 また、発表では就労支援現場でのやりがい、ご自身が感じておられる課題についてもお話頂きました。実践と合わせて精神保健福祉士協会の生涯研修に参加されるなど、ソーシャルワーカーとしてスキルアップに磨きをかけておられ、後輩たちへソーシャルワーカーとしてあるべき姿を示してくださいました。
 今回参加した卒業生は医療機関や、福祉事業所で支援に携わる人が多かったため、就労支援におけるソーシャルワークの知識更新の機会になりました。目の前のクライエントに関連する専門知識だけでなく、クライエントが回復した後に利用するであろう社会資源について学ぶことはソーシャルワーカーとして大切な視点ではないかと思います。
 研究会では今後も卒業生のつながりを大切にし、互いにソーシャルワークの専門性を高める学びをしていきたいと思います。
(報告:公共政策学部 福祉社会学科 2012年度卒・2期生 村岡 はなこ)
2019年9月20日


【第21回ソーシャルワーク実践研究会】  
 日時: 2019年9月15日(日) 
 会場: 本学 稲盛記念会館 204講義室
 内容: 14:45~16:15  話題提供:「地域障害者職業センターの業務」
      独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 岡山支部
      岡山障害者職業センター 飛川 あすみ さん(精神保健福祉士)       
     16:15〜17:00  グループセッション 
 参加者:12名(卒業生9名 在学生2名、教員1名)

△実践研究会の様子1

△実践研究会の様子2

第20回ソーシャルワーク実践研究会開催

 今年度2回目となるソーシャルワーク実践研究会の発表者は、主に知的障害者を対象とする京都府下の施設(ケアホーム)に就職して5年目となる中西安曇さん。中西さんはケアホーム利用者の生活を直接サポートすることを通じてソーシャルワーク実践に取り組んでいます。
 当日は、自閉症や知的障害に関する知識、コミュニケーション方法の工夫に加えて、利用者との関わりで大切にしていることや関わりの難しさ、について報告がありました。なお利用者が抱える課題の視点からではなく、利用者の好きな物や長所に力点をおいて話す中西さんの姿から、利用者の個性や価値観を尊重した関わりを大切にしていることが、とても伝わってきました。
 後半のグループセッションでは、クライエントとの向き合い方を中心に、卒業生、在学生、教員とで話し合いを持ちました。卒業生は日々の業務を振り返りながら、支援者としてクライエントの意思を確認しながら、対話を繰り返すことの重要性を再認識したようでした。
 卒業生は、精神科病院や精神障害者の支援を中心とした福祉現場だけでなく、知的障害者や高齢者の支援など様々な分野の現場で活躍しています。職場や日々の業務だけでは、なかなか触れることの出来ないソーシャルワーク実践を学び、また実践における悩みやその葛藤を、卒業した今も仲間と共有できるこの研究会は、とても大切な場となっています。今後も互いに切磋琢磨しながら安心して本音を話せる場となるよう、皆で取り組んでいきたいと思います。
(報告:公共政策学部 福祉社会学科 2012年卒・2期生 加藤 亜紀)
2019年7月17日

【第20回ソーシャルワーク実践研究会】  
 日時:2019年7月6日(土) 
 会場:本学 稲盛記念会館 会議室 
 内容:12:00〜13:15 卒業生クローズドミーティング        
    14:45〜16:10 話題提供
            「知的障害のある方の地域生活支援の実践」
             社会福祉法人世光福祉会 ベテスダの家 
             中西 安曇さん(精神保健福祉士)        
    16:10〜17:00 グループセッション 
 参加者:12名(卒業生8名 在学生2名、教員2名)




◁研究会の運営も卒業生が中心になって行います。





▷中西さんの発表




◁クライエントとの関わりで大切にしていることは...?

第19回ソーシャルワーク実践研究会開催

 今年度初となるソーシャルワーク実践研究会は、宮田暢子先生にご講演を頂きました。宮田先生は2016年度より本学精神保健福祉士養成課程の講義、実習演習をご担当頂き、今年度より本学公共政策学部福祉社会学科実習助教として着任していらっしゃいます。
 「今回の講演はみなさんのキャリア形成にあたっての1つの事例として聞いてほしい」という言葉から始まった宮田先生のご講演。「わたしのキャリア」をテーマに、キャリアについての一般的な説明から始まり、それでは自分はどうか?と、宮田先生の精神保健福祉士としての経歴に当てはめながらお話し頂きました。医療機関のソーシャルワーカーとして個人を対象にケースワークを行なっていた時代、行政機関のソーシャルワーカーとして地域に対象を広げ取り組んでおられた時代等、様々な実践を経験された宮田先生。その都度、精神保健福祉士としてどこに重点を置きたいのかを考え、実践に取り組んでいたという話が印象的でした。
 後半のグループセッションでは「キャリア形成」をキーワードとし、卒業生、在学生、教員交えて話し合いました。卒業生は今後どのようなキャリアを歩んで行きたいか、在学生は今の自分達が思い描くキャリアはどのようなものか等、改めて自分達を見つめ直し、各々の思いを共有しました。冒頭で宮田先生がお話されたように、自分達それぞれのキャリア形成について改めて見つめ直し考える、良き機会となったように思います。
 宮田先生のご講演の中で「実践を可視化すること、言語化することが求められた」という話題も上がりました。目まぐるしい日々の中で、自分の実践を振り返ること、自分自身を見つめ直すこと、そしてそれらを可視化、言語化していくという作業は、必要性を感じていたとしても、実際には出来ていないことが多いです。この実践研究会が、言葉にならない言葉を、自分達が言語化し得る範囲内で言葉として紡いでいく場としていけるよう、今後も取り組んでいきたいと考えています。
                                          (5期生 中野 綾)
2019年5月22日

【第19回ソーシャルワーク実践研究会】
日時:2019年5月19日(日)
会場:本学稲盛記念会館 会議室
内容:
 14:45〜15:55
  講演:「わたしのキャリア」
      京都府立大学公共政策学部福祉社会学科実習助教 宮田 暢子 先生
 16:15〜17:00
  グループセッション
参加者:19名(卒業生9名、在学生8名、教員2名)

△宮田先生のお話に熱心に聞き入る参加者。

△3グループに分かれて乾燥をわかちあった後、全体で共有しました。


第18回ソーシャルワーク実践研究会開催

 今年度6回目の発表者は、主に知的障害者を対象とする京都府下の施設(生活介護事業・就労継続支援B型事業)に就職して3年目の毛戸菜月さん。毛戸さんはそこで、内職作業や清掃委託にあたる利用者のサポートを通じて、ソーシャルワーク実践に取り組んでいます。
 報告は、具体的な支援業務の紹介に加え、業務の中で得た気づきや葛藤について言語化し、ソーシャルワーカーとして実践の振り返りを試みるものでした。とりわけ今回は「障害のある人が働くこと、その支援について」を考えるなかで、専門職として大切にすべき価値を見つめ直す学びとなりました。
 また、後半のグループセッションでは、現役生も交え「働くこと」をキーワードに、それぞれの働く目的やワークライフバランスについて話が及びました。
このようなピアスーパービジョンを活用した振り返りは、卒業生の専門的スキルを高めていくための、大切な学びの機会となっています。また、回を重ねる毎に、卒業生・現役生間の交流も活発になり、互いの気づきや学びが深まっているように思います。
2019年3月18日

【第18回ソーシャルワーク実践研究会】  
 日時: 3月10日(日) 
 会場: 本学 合同講義棟 第4講義室 
 内容: 14:45〜16:15  
      話題提供:「3年目のソーシャルワーク実践:障害者の就労支援をとおして」
            社会福祉法人同胞会 イサク事業所どうほうの家
            毛戸 菜月さん(精神保健福祉士)         
     16:15〜17:00  グループセッション 
 参加者:11名(卒業生8名 在学生2名、教員1名)




▷今回は稲盛記念会館メンテのため、懐かしの合同講義棟での開催。






◁グループセッションでの議論は「就労支援」から障碍者にとっての「就労支援」から、「障碍者にとっての就労」「働くこととは」へ。

【精神保健福祉士国家試験合格発表】新卒者合格率5年連続100%

 3月15日に、第21回精神保健福祉士国家試験の合格発表が行われました。
本学精神保健福祉士養成課程8期生(公共政策学部 福祉社会学科4回生)4名は、全員が合格いたしました。
 日頃より、学生の教育にお力添えを頂いている皆様方には、心より感謝申し上げます。

厚生労働省HP 報道発表資料「第21回精神保健福祉士国家試験合格発表」

精神保健福祉士養成課程 第7回卒業生交流会開催

 2008年に開設された、本学公共政策学部の精神保健福祉士養成課程は、4月から12年目に入ります。毎年2月に開催しているこの交流会も、今回からは卒業生が中心となって企画・準備を進めてくれるようになりました。
 当日は、石川県、岡山県、三重県などの遠方からも、また勤務を終えた後に駆けつけてくれた人卒業生もいて、とても賑やかな1日となりました。
 冒頭では、中島学部長より卒業生や在学生に温かいお言葉を頂き、参加者には励みになったことと思います。また、専門科目をご担当頂き、日頃より養成課程を支えてくださっている非常勤講師の先生方にもお出ましいただき、卒業生と再会の喜びを分かち合っていただけたことも、大変ありがたいことでした。
 今回は新しい試みとして、例年の講演に代えて卒業生によるシンポジウムが企画されました。その後のグループセッションも含めて、在学生も交えながら活発なやりとりがあり、一期生が30歳という若い養成課程ならではの学び合いの時間になったと思います。
2019年2月28日


【日時】 2019年2月16日(土)14:00〜17:30
【会場】 京都府立大学 稲盛記念会館 204教室・会議室
【プログラム】
1. 3回生 「活動報告」 
2. 4回生 「実習報告と卒業後に向けての抱負」  
3. 精神保健福祉士養成課程の紹介・担当教員紹介
4. 卒業生近況報告  
5. シンポジウム「PSWとしての7年間とこれから」
  稲本 真悟さん (1期生・高齢者住宅運営民間企業)
  上田 恵美子さん(1期生・就労継続支援B型事業所)
  三原 初穂さん (1期生・公立精神科病院)
6. グループセッションと全体でのシェア
【参加者】 31名(卒業生14名、在学生9名、学内教員4名、学外教員4名)

△中島学部長のスピーチ

△職場によって多様なソーシャルワーカーの職務と共通の課題。

△子供さんの後ろで一緒に参加。

△話しが尽きず、予定時刻ギリギリまでグループセッション。


第17回ソーシャルワーク実践研究会開催

 今回の報告者は、2016年3月に本学を卒業して、就労継続支援B型事業所に就職して3年目の堀田智美さん。  
 当日は、精神障害者の就労支援に関する法制度の基本的な枠組みを解説した後、京都府が全国に先駆けて実施している「B型-就労支援機関連携事業」についてご自身が利用された経験を踏まえて、詳しく紹介してくれました。この他、「農福連携」や30年度障害者福祉サービス等報酬改定などについても取り上げてくれました。質疑では、就労支援を活発化させるための援助者へのサポートのあり方、就労継続支援B型事業所の役割と居場所機能、そして障害者の生活(支援)における就労(支援)の位置づけ、といったことについて活発に意見交換がなされました。
 グループセッションでは、在学生が出席していたこともあり、卒業生から自身の実習でのエピソードが語られた他、クライアントに対して、いわゆる「良薬口に苦し」といった対応を迫られる場面で大切にしていることなどが共有されました。
 全体を通して、卒業生それぞれが日々の実践の中で「ソーシャルワークとは何か?」を考えていることがうかがえる発言が多く、卒業生達の成長を改めて実感する回でした。
2019年1月15日

【第17回ソーシャルワーク実践研究会】  
 日時: 1月12日(土) 
 会場: 本学 稲盛記念会館 会議室 
 内容: 13:30〜14:30  卒業生クローズドミーティング        
     14:45〜16:15  話題提供:「ソーシャルワークの視点から捉えた障害者の就労支援」
                   社会福祉法人オリーブの会 オリーブホットハウス 
                   堀田 智美さん(精神保健福祉士)         
     16:15〜17:00  グループセッション 
 参加者:11名(卒業生7名 在学生4名、教員1名)

△堀田さんの発表

△在学生も交えて活発な意見交換。

△卒業生も大学時代の実習を振り返る。。。

休憩時間のひとこま。


  1. ホーム
  2.  >  教育
  3.  >  公共政策学部
  4.  >  福祉社会学科
  5.  >  取得できる資格(精神保健福祉士)