グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


産学公連携

受託研究について


受託研究は、本学の教員が国や民間企業等から研究を受託し、委託者が負担する経費により委託者が求める研究テーマ等に基づく研究を行い、その研究成果を委託者に報告するものです。

ご相談は、個別教員又は産学公連携リエゾンオフィスで受け付けますので、委託されたい研究課題がありましたらお気軽にご相談ください。

受託研究から生じた発明等については、原則として京都府公立大学法人に帰属することとなります。なお、特許等の実施については、独占的実施権等の設定など委託者の要望を踏まえ対応を検討します。

受託研究の流れ