グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


京都府立大学 大学院

公共政策学専攻


公共政策を拓く研究者・高度職業人養成

国や地域の維持・発展に不可欠である公共政策を企画立案し、それを管理運営する能力を高いレベルで有する専門的職業人や公共政策学の発展を担う研究者を養成します。博士前期課程では、公共政策学の原論とそれに関わる政治学、経済学、法学を基盤として、①人々の暮らしや労働に関わる法制度や政策のあり方といった福祉社会システムを展望する教育研究と、②国や地方自治体における行政管理や政策決定・政策評価のあり方を検討する教育研究を行います。博士後期課程では公共政策学に関わる専門分野の「特殊研究演習」により、集団的・個別的な指導を徹底します。

専門種目・研究内容

専門種目 研究内容
政策デザイン
政治評価
良い政策・悪い政策とはいかなるものかの解明
良い政策をデザインし、悪い政策を終了させる科学とアートの探求
公共政策
政治過程、政策文化
政策の開始から終了に至る政策展開における行政進展の研究
国際比較による政策文化の解明
行政学
政治学
日本及びフランスの公務員制度の比較研究、フランス自治体政策パフォーマンスに関する研究
政治行動論
実験政治学
フェイクニュースが有権者の政治意識・行動に与える影響に関する実験研究、自然言語
処理技術を用いたSNS上における政治的デマの構造の分析、若年層の政治意識・行動のメカニズムに関する実証研究
労働法 多様な働き方に関する研究、特に兼業・副業といった柔軟な働き方に関する研究
民事訴訟法
アメリカ法
民事法
民事訴訟手続における情報(証拠)の収集や開示に関する日米比較研究
民事執行手続における財産開示の研究
証拠破棄や不提出の際の制裁規定に関する研究
行政法 損失補償の要否基準に関する日米比較
アメリカの土地利用規制、特に一時的規制の研究
家族法 親の関係破綻時における子の利益確保のための家族法制に関する研究、イギリスおよびドイツの親子法を中心とした比較法研究
財政学 公共債市場、特に地方債市場を対象とする、定性的・定量的分析
金融市場における、財政の論理と市場の論理の対立と調和に関する研究
医療経済学
医療経営学
社会保障論
医療の機能分化と統合化に関する研究、医療モール・マネジメントに関する研究、医療アクセス保障に関する研究、医療の情報化・地域医療ネットワーク政策評価に関する研究
財政学、地方財政論
環境経済学
地方環境税を中心とする税財政システムのグリーン化に関する研究
交通まちづくりと持続可能な都市交通経営に関する研究
北米のカーボンプライシング設計論に関する研究
農業経済学
食料・農業・農村政策
農地流動化の経済分析と農地制度・政策の研究、農村村の地域社会維持に関する研究、農商工連携・六次産業化の研究

卒業後の主な進路・取得できる資格

大学教員、公務員、ジャーナリスト、NPO職員、シンクタンク研究員など
取得できる資格 教育職員専修免許状(中学社会・高校公民)、地域公共政策士