グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


京都府立大学 大学院

生命環境科学研究科


生命科学を基盤に農学、生命科学、食保健学、物質科学などの分野からなる応用生命科学専攻、および人をとりまく生活環境から自然生態系までを連続した視点で見つめる環境科学専攻において、学際的かつ専門的な教育研究を通じて、高度な専門的能力を有する研究者および社会における実践能力や指導力を有する職業人の育成を目指します。

学位論文 内容の要旨

論文審査結果

各専攻の概要

【博士(前期・後期)課程】
応用生命科学専攻は、微生物、植物、動物からヒトまでを対象として、人類が直面しているさまざまな生命科学の課題を、食の機能性・安全性を高める食科学、その基礎となる食料生産の科学、動植物や微生物の機能を解明し応用するテクノロジー、さらに生命や環境に関わる物質をミクロのレベルで扱う生命物質科学など広範な科学領域の知識と技術を駆使して研究し、人類福祉の向上と地球環境の保全のための新技術の開発をめざします。


【 博士(前期・後期)課程】
本専攻は、森林、山地防災、木材資源、ランドスケープ、都市計画、建築、住居、デザイン、室内環境、情報科学、数理科学、物理学などの専門分野からなり、人間を取り巻く多様な環境要素および人間と環境の様々な相互関係を探求できるユニークな構成となっています。このような教育・研究環境のもとで、森林科学、生活環境科学、数物・情報環境学の高度な専門知識を備え、広い視野と応用力を身につけた人材を育成します。


  1. ホーム
  2.  >  京都府立大学 大学院
  3.  >  生命環境科学研究科