グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


一般の方

令和5年度研究生出願案内(一般用)


令和5年度 研究生出願案内

1 出願資格

 大学(短期大学を含む)を卒業した方又はこれと同等以上の学力があると認められた方

2 研究期間

 研究期間は6箇月以内(継続しての研究を希望される場合は2年間を限度とします)

3 協 議

 (1) 研究生として志願する方(以下「志願者」という。)は、大学案内又はホームページ等を参考に
     教員の研究テーマを調べて、指導を受けたい教員(以下「指導教員」という。)を決定し、研究生希望の旨を
     手紙又は電子メール等で指導教員に連絡してください。

 (2) 出願前に指導教員と協議をする必要があります。
    
 (3) 協議に際しては、次に掲げる書類を指導教員に提出し、面接を受けてください。

  ① 協議申請書(所定の様式による。)
  ② 履歴書(所定の様式による。)
  ③ 指導教員希望理由書(所定の様式による。)
  ④ 研究計画書(所定の様式による。)
  ⑤ 大学院進学希望調査書(所定の様式による。)
  ⑥ 出身大学又は最終学校の卒業証明書 ※本学の卒業生は不要です。
  ⑦ 出身大学の成績証明書又は研究業績目録
  ⑧ その他指導教員が必要と認める書類

   ※ 上記①~⑧の書類は出願の際に改めて原本の提出が必要になります。
   ※ 必要に応じて、出身大学又は最終学校の指導教員からの推薦書(日本語又は英語)の提出を
     求める場合があります。


(協議に関する注意事項)

 ・ 研究期間満了後引き続き研究生を志願する場合
   上記書類のうち協議で提出すべき書類は、以下の書類のみとなります。
  ① 協議申請書(所定の様式による。)
  ② 大学院進学希望調査書(所定の様式による。)


4 出願期間

  前期出願期間 令和5年3月1日(水)9:00から3月7日(火)17:00まで

  後期出願期間 令和5年9月1日(金)9:00から9月7日(木)17:00まで

5 出願手続

(1)提出書類

  ① 入学願書(所定の様式による。)
  ② 研究生協議結果書(所定の様式による。)
  ③ 協議時に指導教員へ提出した書類一式・・・項目3 協議の①~⑧の書類
  ④ 勤務先の承諾書類(現職にある方のみ。)
  ⑤ その他大学が必要と認める書類

  ※必要に応じて、志願者と指導教員間の連絡の経過書類(手紙又は電子メール等)の提出を求める場合があります。

 (2)提出先

    ●学生部学務課教務係(TEL 075-703-5118)
    ●受付時間:9:00~12:00,13:00~17:00
    ※ただし、土曜・日曜・祝日を除きます。

6 選考方法

 書類選考による。ただし、必要に応じて試験が行われることがあります。

7 入学許可、手続等

 (1) 入学許可は、学部教授会又は研究科教授会の議に基づき、学長が行います。
 
 (2) 入学を許可された方は、学務課教務係で授業料振込依頼書を受け取り、指定の期限までに
     最寄りの金融機関で授業料を振り込み、領収書を持参して学務課教務係まで来てください。

 (3) 授業料の納入を確認した上で、入学許可書及び身分証明書(研究生証)を交付します。

 (4) 入学許可日から1箇月以内に授業料を納入し、学務課教務係に同領収書の提示をしない場合は、
     入学許可を取り消します。

8 授業料

   178,200円(半期分)

9 その他

(1) 研究期間満了後引き続き研究生として入学を希望される場合は、所定の出願期間に改めて
    出願手続を行う必要があります。
(2) 研究期間は通算して2年を超えることはできません。

  1. ホーム
  2.  >  一般の方
  3.  >  研究生
  4.  >  令和5年度研究生出願案内(一般用)