グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


教育

地域創生フィールド演習


地域創生の人材を育てる演習

演習の内容

【演習】
2回生以上 地域創生フィールド演習(前期1単位・後期1単位)2泊3日程度
それぞれの地域で地域資源を生かした様々な事業を展開している「地(知)の案内人」*の拠点で、2泊3日の演習を行う。例)農林漁業体験、六次産業、薪のくらし、木工、紙漉き、地域デザイン、食品開発など
*「地(知)の案内人」とは、大学との協働により演習を実施する人材でCOC+人材バンクに登録されています。

【インターンシップ】
地域創生インターンシップ  単位に関係なく受け入れ先との調整によるフリープラン
「地(知)の案内人」の拠点で、3日から10日間程度の事業体験をしながら、若者らしい感性と発想で新しい事業アイディアや商品開発、地域デザイン、地域課題の解決、体験プログラム開発などの創造的な活動を行う。単位には結びつかない自主的な活動で、やる気さえあれば誰でも参加できる。

お問い合わせ

京都府立大学 京都地域未来創造センター 地域創生フィールド演習担当
電話: 075-703-5101(代表)
E-mail: kirpinfo@kpu.ac.jp

  1. ホーム
  2.  >  教育
  3.  >  地域創生フィールド演習
  4.  >  地域創生フィールド演習