グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


教育

生命理工情報学部



教育の理念・目標

「生命化学」と「理工情報科学」に関わる諸領域の学術を学際的、総合的に考究することを目的として、人間の生活や産業などの諸活動の向上を図るための自然科学と情報科学の知識と技術を身につけます。

学部長からのメッセージ

生命理工情報学部長就任予定 椿 一典 教授

 生命理工情報学部は「京都府における知の拠点」として地域に貢献する京都府立大学の理念のもと、今年度作られた新しい学部です。本学部は生命化学科と理工情報学科の二つの学科からなっています。生命化学科では生物学的・物理的・化学的な手法を駆使し、生命現象と生命環境について分子レベルで理解することに挑戦します。研究成果は医農薬や、高機能材料、高機能酵素の開発を通じて、世界中に発信されます。
 また、理工情報学科ではAIデータサイエンス教育研究センターと連携しながらAI・データサイエンス教育を進め、データサイエンスに強みを持つ理工情報系スペシャリストを育成することで、理工学、ヒューマンインターフェースなどあらゆる科学分野をデータサイエンス的・数理科学的な視点から解明する新たな学問の領域の創出を目指します。
 君たちが第一期生です。130年近い歴史をもつ京都府立大学にできた新学部・新学科で学び、そして尖った研究をしていきましょう。

教員紹介

生命理工情報学部の構成

生命化学科

生命現象と生命環境を分子レベルで理解し、科学の進歩と社会の科学的課題の解決に貢献することを目的として、実験を重視した体系的な生命化学の教育研究を行い、広い視野と論理的思考力を有し、専門知識と先端技術を展開して社会に貢献できる人材を養成します。

理工情報学科

情報科学の基礎知識を基盤として、数学、物理学、化学、生物学にわたる幅の広い教育と研究を行うことで、広範囲の科学技術を持続可能な社会の発展に活かすことができる人材を養成します。