ページの先頭です

本学渡辺信一郎学長著『中国古代の楽制と国家―日本雅楽の源流』が刊行されました。

[2013年12月3日]
中国古代の楽制と国家表紙

本学渡辺信一郎学長による著書『中国古代の楽制と国家―日本雅楽の源流』が出版されました。

文理閣 (2013年11月) 405ページ
ISBN-10: 489259718X
ISBN-13: 978-4892597183

【目次】
緒 論
第一部 響きの帝国 漢代の楽制と祭儀
第一章 中国古代の礼楽と巫覡 漢代礼容の儒学をてがかりに
 はじめに
 一 漢代礼容の儒学 国家儀礼の執行者
 二 礼容の儒学の祖先をもとめて
 三 再び漢代へ 戦国秦漢期の巫祝
 おわりに
第二章 前漢「郊祀歌」十九章の祭祀空間と政治空間
 はじめに
 一 前漢武帝期の郊祀と郊祀歌十九章の成立
 二 「郊祀歌」十九章の構造
 三 「郊祀歌」十九章の祭祀空間と政治空間
 おわりに
第三章 前漢時代の宗廟と楽制 『安世房中歌』十七章と承天のイデオロギー
 はじめに
 一 前漢の宗廟祭祀と廟楽の成立
 二 『安世房中歌』十七章について
 三 承天の政治的イデオロギー
 おわりに
第四章 前漢末の楽制改革と民間音楽
 はじめに
 一 郊祀歌・安世房中歌と漢代の民間音楽
 二 前漢末の楽制改革
 三 王莽期の楽制改革
 おわりに――「大予楽」の成立

第二部 天下大同の楽 隋の楽制改革とその帝国構造
小 序 隋文帝の怒り 
第一章 楽制改革の歴史的前提 流亡する伶人
 はじめに
 一 後漢の「大予楽」と西晋の太常四楽官
 二 流亡と回帰 南朝の場合
 三 流亡と回帰 北朝の場合
補 論 北魏の雅楽改革 『魏書』楽志を中心に
 はじめに
 一 高閭・公孫崇の雅楽改革
 二 太常卿劉芳の楽制改革
 三 梁人陳仲孺と安豊王元延明・信都芳による楽律改革提案
 四 大成楽の成立
第二章 雅楽の制作と楽律の調整
 はじめに
 一 雅楽の制作と調式
 二 楽律の調整と旋宮法
 三 宮懸の編成と歌辞の制作
第三章 燕楽七部伎楽の編成 清商楽と四夷楽の編成
 はじめに
 一 清商楽の導入とその経緯
 二 四夷楽の編成と隋初の七部伎
 三 真人代歌・簸邏迴歌と国伎西涼楽
 おわりに
第四章 北狄楽の編成 鼓吹楽の改革
 はじめに
 一 漢六朝期の鼓吹楽
 二 隋の鼓吹楽改革
 三 隋唐期の鼓吹楽の構成と歴史的特質
 おわりに
第五章 散楽と正月十五日の民間習俗 隋の楽制の民衆的基盤と帝国構造
 はじめに
 一 玄宗先天二年の上元燃燈
 二 散楽と踏歌
 三 正月十五日
 四 隋煬帝の散楽再編成と帝国構造の特質
 おわりに
小 結 隋の楽制改革の諸結果

第三部 余論 隋唐の楽制と日本雅楽の源流
第一章 隋の楽制改革と倭国
第二章 雅楽が来た道
 一 日本雅楽の構成
 二 日本雅楽の形成と平安朝初期の楽制改革
 三 平安初期の遣唐使と音楽の伝来
 四 唐代宮廷音楽の構成
 五 唐代燕楽の由来と特色 インド・西域(亀茲)音楽の受容と融合
第三章 平等院鳳凰堂の音楽 西涼楽始末
 はじめに
 一 燕楽七部伎と西涼楽
 二 秦声と西涼楽の成立
 三 平等院鳳凰堂諸菩薩・諸尊の音楽と「古楽図」
 四 日本雅楽の源流と西涼楽
 おわりに

お問い合わせ

京都府立大学広報委員会(Web広報担当)

電話: 075-703-5212 FAX: 075-703-4979

e-mail: kikaku@kpu.ac.jp


本学渡辺信一郎学長著『中国古代の楽制と国家―日本雅楽の源流』が刊行されました。への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.