ページの先頭です

第24回 精神保健福祉士 国家試験合格発表(公共政策学部 福祉社会学科 精神保健福祉士養成課程)

[2022年3月16日]

3月15日 第24回 精神保健福祉士国家試験合格発表

第24回 精神保健福祉士 国家試験合格発表(公共政策学部 福祉社会学科 精神保健福祉士養成課程)

本学精神保健福祉士養成課程11期生(公共政策学部 福祉社会学科4回生)3名は、全員が合格いたしました。卒業後はそれぞれ、精神科医療機関や指定障害福祉サービス事業所で、専門職としてのキャリアをスタートさせます。

本学で同資格を取得した卒業生の95%が、医療または福祉領域の公務員または民間の専門機関・施設の職員として就職しています。資格取得を最終目的とするのではなく、「専門職としていかに医療・福祉の現場で有用な働きができるようになるか」を強く意識している学生が多く、卒業後も学内の卒後教育の場を活用するなどして、研鑽に努めています。

本学の少人数教育の強みを活かして、今後も、単なる知識や技術の習得に留まらず、支援を必要としている人の心に寄り添うことのできる、質の高い専門職人材を輩出することを通じて、公立大学としての地域・社会貢献に務めて参ります。
 
厚生労働省HP 報道発表資料「第24回精神保健福祉士国家試験合格発表」

(参考資料)「第24回精神保健福祉士国家試験学校別合格率」

【京都府立大学の精神保健福祉士養成】 本学では、2008年の精神保健福祉士養成課程開設以降、卒業生のほぼ全員が国家資格を取得して、保健・医療・福祉の現場で活躍しています。少人数教育を活かした質の高い専門職養成教育と2012年より続く卒後教育が特色です。また現在では、近畿二府四県の国公立大学で唯一の養成課程となっています。



【精神保健福祉士とは?】 1940年代後半より精神科病院等で精神障害者の相談支援にあたってきた、PSW(Psychiatric Social Worker)の活動に連なる形で、1997年に誕生した精神保健福祉領域のソーシャルワーカーの国家資格です。なお現在は、日本精神保健福祉士協会の英語名称にMHSW(Mental Health Social Workers)が用いられています。 国内のソーシャルワーカーの国家資格には、主に精神障害のある方の支援を専門とする「精神保健福祉士」と、それ以外の領域の問題を幅広く扱う「社会福祉士」があります。資格の別にかかわらず、いずれもが、「ソーシャルワーク」を実践する専門職である「ソーシャルワーカー」です。
 

http://ifsw.org (International Federation of Social Work=国際ソーシャルワーカー連盟)

お問い合わせ

お問い合わせ
公共政策学部 福祉社会学科 山野研究室
Email: n_yamano@kpu.ac.jp

第24回 精神保健福祉士 国家試験合格発表(公共政策学部 福祉社会学科 精神保健福祉士養成課程)への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.