ページの先頭です

文学部歴史学科 上杉和央准教授著『軍港都市の一五〇年―横須賀・呉・佐世保・舞鶴』が刊行されました

[2021年10月11日]

文学部歴史学科 上杉和央准教授著『軍港都市の一五〇年―横須賀・呉・佐世保・舞鶴』刊行


文学部歴史学科の上杉和央准教授が『軍港都市の一五〇年―横須賀・呉・佐世保・舞鶴』を刊行しました。海軍鎮守府・工廠の設置とともに誕生した軍港都市の変遷について、現在にいたるまでのおよそ150年を見通す内容となっています。


出版年月日:2021年9月17日

出版社:吉川弘文館

ISBN:9784642059343

ページ数:304ページ

定価:2,090円(本体1,900円+税)

 

〈目次〉

軍港都市の語る歴史―プロローグ

軍港都市の成立

軍港都市に住まう人びと―横須賀の都市社会

軍港都市と観光―戦前の舞鶴

吉田初三郎、軍港都市を描く

軍港都市から平和産業港湾都市へ

れんが色の街―呉と舞鶴の都市整備

軍港都市らしさのゆくえ―エピローグ

 

表紙

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


文学部歴史学科 上杉和央准教授著『軍港都市の一五〇年―横須賀・呉・佐世保・舞鶴』が刊行されましたへの別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.