ページの先頭です

三大学教養教育共同化科目の後期授業開始及び工繊大のLMSの利用について

[2020年9月18日]

三大学教養教育共同化科目の後期授業の開始及び工繊大のLMSの利用について

 

2020年度前期においては、三大学教養教育共同化科目のオンライン授業について、主にオンデマンド方式で実施してきたところです。

今年度後期からは、京都工芸繊維大学が運営しているLMS(Learning Management System・学習管理運営システム)である「Moodle」を授業で使用することになりました。

京都三大学教養教育研究・推進機構の9月18日付けのお知らせに記載のとおり、「Moodle」の利用には、受講生の学籍番号などに基づき京都工芸繊維大学情報科学センターにおいて作成されたアカウントが必要となりますので、その作成について了解いただくとともに、システムを適切に利用するようお願いします。

「Moodle」のアカウントについては、9月25日(金)までに、メール(@kpu.ac.jp)で「利用登録証」として配付します。

 

また、「Moodle」のアカウントや利用方法については、工繊大ではなく、本学教務担当に問い合わせしてください。

 

三大学教養教育共同化科目の後期授業の開始及び「Moodle」に係る詳細は、以下の資料のとおりです。

資料

2020年度後期の京都三大学教養教育共同化科目の授業(非対面授業)の開始等について

Moodleの初歩(京都工芸繊維大学)

アカウントを受け取られたみなさまへ(京都工芸繊維大学)

三大学教養科目履修学生アカウント利用上の ガイドライン(京都工芸繊維大学)

お問い合わせ

京都府立大学学務課教務担当

電話: 075-703-5118 FAX: 075-701-2474

e-mail: kyoumu@kpu.ac.jp


三大学教養教育共同化科目の後期授業開始及び工繊大のLMSの利用についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.