ページの先頭です

本学大学院修了者の日本中国学会賞受賞が決定しました

[2019年12月18日]

 本学大学院文学研究科国文学中国文学専攻を2019年3月に修了した宮本陽佳さんの日本中国学会賞受賞が決定しました。
 日本中国学会賞は、中国哲学・文学研究において日本国内で最も権威ある賞の一つとされているもので、本学関連では2015年の西尾和子さん以来の受賞となります。対象となったのは、『日本中国学会報』第70集に掲載された論文「澤田一齋の『水滸傳』講義をめぐって」です。この論文は、中国の長篇小説『水滸伝』が江戸時代の日本でどのように受容されたかについて論じたもので、緻密な考証によって新たな視点を示したことが高く評価されました。
 本来なら10月12・13日に開催される予定だった日本中国学会全国大会において授賞式があるはずでしたが、台風の影響で大会が中止になったため、来年度の大会において改めて授賞式が催される予定です。このため、ここでは受賞決定という曖昧な書き方になってしまいました。来年度の授賞式後に改めて正式の報告をさせていただきます。
 宮本さんは現在日本学術振興会特別研究員(PD)として京都大学で研究に従事しています。今後のより一層の活躍が期待されます。

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


本学大学院修了者の日本中国学会賞受賞が決定しましたへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.