ページの先頭です

本学イベント用フライヤーがデザイナー向け書籍に収録されました

[2019年2月2日]

『広がるフライヤー 展覧会、舞台・映画、イベントを表現するチラシのアイデアとテクニック』(ビー・エヌ・エヌ新社、2019年1月刊行)に、2018年10月3日に本学で開催された講演会 「霊薬、魔法、奇跡、精霊、護符―ヨーロッパの医療と口承文学―」(講師:ハンス=イェルク・ウター、企画・通訳:京都府立大学准教授 横道誠)が収録されました。現在の日本で製作された魅力的なイベント用チラシ(フライヤー)を紹介する書籍です。中央の絵は画家の阿部海太氏、デザインは角谷慶氏(Su-)が担当。オレンジと黒の組み合わせで配色すること、ふたつの色の配分をこの割合にすることは、横道准教授の依頼に基づいているそうです。

表紙

ページ1

ページ2

お問い合わせ

京都府立大学 文学部 欧米言語文化学科 横道誠
E-mail: yokomichi_m@kpu.ac.jp

本学イベント用フライヤーがデザイナー向け書籍に収録されましたへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.