ページの先頭です

生命環境科学研究科の院生が第8回4大学連携研究フォーラムの最優秀賞を受賞しました

[2018年12月13日]

本学 生命環境科学研究科 生命構造化学研究室の院生が第8回4大学連携研究フォーラムにおいて、最優秀賞を受賞しました。

1 受賞者

応用生命科学専攻博士前期課程2回生 Vanegas Lozano Oscar Esteban (バネガス ロサノ オスカル エステバン)

2 受賞題目

「病原性大腸菌O157抗体の特異性・親和性の向上」

3 受賞年月日

平成30年11月20日に京都府立大学で開催された第8回4大学連携研究フォーラムにおいて、教員・研究員・学生が発表し、2名が最優秀賞、3名が優秀賞を受賞。

(参考)

4大学連携研究フォーラムは京都府立大、京都府立医科大学、京都工芸繊維大学、京都薬科大の4大学で平成23年に締結されたヘルスサイエンス系の教育研究に関する連携協定に基づき毎年行われている研究成果報告会で、今年度は京都府立大学において開催された。

お問い合わせ

京都府立大学 大学院生命環境科学研究科 生命構造化学研究室
https://www2.kpu.ac.jp/life_environ/bio_chem/Welcome.html

生命環境科学研究科の院生が第8回4大学連携研究フォーラムの最優秀賞を受賞しましたへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.