ページの先頭です

大学院生の「木の家設計グランプリ2018」受賞について

[2018年11月12日]

 本学生命環境科学研究科環境科学専攻の大学院生が「木の家設計グランプリ2018」(主催:谷口工務店)において入選しましたので、報告いたします。

受賞者 
 林 優佑 大学院 生命環境科学研究科 環境科学専攻 博士前期課程 2回生(建築意匠学研究室)
      (他大学学生2名との共作)

受賞内容
 木の家設計グランプリ2018  入選(20選)

受賞作品
 「回廊の庭家(にわや)」庭つき一戸建ての提案
 京都・吉田山を対象地とし、その風景を最大限に取り入れた木造住宅の提案です。敷地に面する参道に開いたアプローチ空間を設け、回廊で各居室を結ぶことで、敷地内の庭々や周辺環境を室内に取り入れた設計が評価されました。

受賞年月日等
 平成30年9月22日(土)京都造形芸術大学において表彰。
 結果発表:http://www.dentoumirai.jp

受賞作品の図面


大学院生の「木の家設計グランプリ2018」受賞についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.