ページの先頭です

「宇治田原町への移住・定住」をテーマにしたワークショップを開催しました

[2018年2月2日]
京都地域未来創造センターでは、1月16日(火)と20日(土)に、公共政策学部と共催で、本学と包括協定を締結する宇治田原町の町立維孝館中学校で、中学3年生を対象としたグループ学習を行いました。

維孝館中学校では、小中一貫教育の実践的な取組「ふるさと学習」の9年間の総仕上げとして、中学3年生を対象としたグループ学習「宇治田原を元気にする会社をつくろう!」を2011年から実施しています。

今年度は、公共政策学部3回生の学生やセンターが企画協力した宇治田原町のPR冊子「ちかいっ宇治田原町」を活用して、福知山公立大学 谷口知弘教授や地域の方々の協力のもと、学生も参加して、「移住・定住」をテーマにワークショップを実施しました。本学学生3名は、中学3年生90名や学校関係者を対象に、宇治田原町についてのプレゼンテーションやワークショップの進行補助を行いました。

2日間のワークショップでは、宇治田原を安全なまちにしたい、自然のテーマパークをつくりたい、コミュニティバスを走らせたい、SNS(ソーシャルメディア)で宇治田原のいいところを発信したいなど、多くのアイデアが発表されました。地域の方々からのアドバイスもあり、これからどのように具体化されていくのか、楽しみです。

この事業は、宇治田原町・宇治田原町教育委員会・維孝館中学校キャリア教育支援実行委員会・京都府立大学公共政策学部・京都地域未来創造センターと連携して実施しました。

ワークショップ内容をまとめたグラフィック ファシリテーションbyみーにゃん(奥野美里)

話し合いの様子(左)/移住定住パンフレット『〝ちかいっ〟宇治田原町』(右)

お問い合わせ

京都府立大学京都地域未来創造センター担当

電話: 075-703-5319・5390 FAX: 075-703-5319・5390

e-mail: kirpinfo@kpu.ac.jp


「宇治田原町への移住・定住」をテーマにしたワークショップを開催しましたへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.