ページの先頭です

ひらめき☆ときめきサイエンス「木材を溶かして使う、新しい上手な使い方」が開催されました

[2016年9月15日]

ひらめき☆ときめきサイエンス「木材を溶かして使う、新しい上手な使い方」 開催報告

2016年8月6日(土)、本校にて日本学術振興会との共催プログラムである「ひらめき☆ときめきサイエンス~木材を溶かして使う、新しい上手な使い方」が開催されました。当日は高校生26名、保護者5名、実施担当教員として森林科学科の宮藤教授、古田教授、糟谷助教、神代助教が参加しました。

プログラムの主な内容として、糟谷助教によるキャンパス内の樹木観察、宮藤教授による木質バイオマスに関する講義と木材をイオン液体により溶かす実験を行い、最後には未来博士号の授与を行いました。

樹木観察の画像

キャンパス内の樹木観察

講義の画像

稲盛記念会館での講義

説明中の画像

木材細胞についての説明

実験中の画像

木材を溶かす実験

授与の画像

未来博士号授与

プログラム終了後のアンケートでは、「楽しく実験できた」、「木質バイオマスに興味を持った」、「将来研究をしてみたくなった」等の好評の声を沢山頂き、森林科学に対する関心を高める機会を提供できたのではないかと考えております。

お暑い中ご参加、ご協力頂きました皆様に御礼申し上げます。

お問い合わせ

京都府立大学 生命環境学部 森林科学科 森林資源循環学研究室
E-mail: miyafuji@kpu.ac.jp (宮藤)

ひらめき☆ときめきサイエンス「木材を溶かして使う、新しい上手な使い方」が開催されましたへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.