ページの先頭です

生命環境科学研究科院生の日本農芸化学会第489回関西支部例会における若手優秀発表賞および賛助企業特別賞の受賞について

[2016年2月22日]

日本農芸化学会第489回関西支部例会における若手優秀発表賞および賛助企業特別賞の受賞について


本学生命環境科学研究科応用生命科学専攻分子栄養学研究室および機能分子合成化学研究室の院生が、日本農芸化学会第489回関西支部例会において若手優秀発表賞と賛助企業特別賞を受賞しました。

1 受賞者・受賞演題名
若手優秀発表賞:吉村 亮二(博士後期課程3回生 分子栄養学研究室)
「転骨格筋特異的PGC1α遺伝子欠損マウスの骨格筋、肝臓における分子鎖アミノ酸摂取の影響」

賛助企業特別賞:加茂 翔伍(博士前期課程2回生 機能分子合成化学研究室)
「Juglorubin及び関連天然物の全合成研究」

2 受賞年月日 平成27年5月23日(土)

※平成27年5月23日(土)開催の日本農芸化学会第489回関西支部例会(開催場所:京都府立大学)において、演題数7題(受賞対象6題)のうち、若手優秀発表賞を1題、賛助企業特別賞1題を選出した。

<日本農芸化学会について>
日本農芸化学会(会員数:11,600名)は1924年に設立された学術団体で、その中核を担う関西支部は、1934年以来、支部例会489回を実施している。


生命環境科学研究科院生の日本農芸化学会第489回関西支部例会における若手優秀発表賞および賛助企業特別賞の受賞についてへの別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.