ページの先頭です

生命環境科学研究科・佐藤茂教授がAPS2014収穫後園芸学優秀研究者賞を受賞

[2014年12月26日]

生命環境科学研究科・佐藤 茂教授がThe 3rd Asia Pacific Symposium on Postharvest Research,Education and Extension(APS2014)(第3回収穫後の研究・教育・普及のためのアジア太平洋シンポジウム)においてOutstanding Postharvest Horticulture Researcher(収穫後園芸学優秀研究者賞)を受賞されましたので、下記のとおりお知らせします。

1 受賞者

生命環境科学研究科 応用生命科学専攻 佐藤 茂 教授

2 受賞内容

Outstanding Postharvest Horticulture Researcher(収穫後園芸学優秀研究者賞)

3 功績

長年に渡る収穫後園芸学研究への貢献及び業績に対して

4 受賞日

平成26年12月9日~11日

ベトナム社会主義共和国ホーチミン市にて開催の『第3回収穫後の研究・教育・普及のためのアジア太平洋シンポジウム』に於いて

(参考)収穫後の研究・教育・普及のためのアジア太平洋シンポジウムについて

国際園芸学会(ISHS、個人会員5000名と50カ国の国内学会から構成)内の品質と収穫後の園芸委員会(Commission Quality and Postharvest Horticulture)が所管、隔年で開催されるシンポジウム。主に東南アジア地域での青果物/園芸花きを対象にした収穫後生理技術学分野の研究・教育・普及について成果発表と議論がなされる。今回のシンポジウムには、東南アジア、環太平洋、欧州諸国から約160人の研究者等が参加した。

 

 

お問い合わせ

京都府立大学生命環境学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


生命環境科学研究科・佐藤茂教授がAPS2014収穫後園芸学優秀研究者賞を受賞への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.