ページの先頭です

ACTR「現代版『京童』へのアプローチ―「国際京都学」研究における京都府立総合資料館所蔵古典籍活用の可能性―」の研究成果を公開します。

[2014年4月24日]

ACTRの研究成果

2013年度ACTR「現代版『京童』へのアプローチ―「国際京都学」研究における京都府立総合資料館所蔵古典籍活用の可能性―」(研究代表者藤原英城)の研究成果のWEBを公開します。

目次

・『京童』とは
・『京童』の諸本について
・中川喜雲について
・国文学からみた『京童』
・英語で『京童』
・中国語で『京童』
・『京童』と上賀茂の歴史
・上賀茂の歴史散歩
・研究の概要

同内容の報告書『現代版『京童』へのアプローチ―「国際京都学」研究における京都府立総合資料館所蔵古典籍活用の可能性―』も刊行しております。図書館などでご覧ください。

AR

同じく研究成果である上賀茂神社、競馬に関するARについては、タブレットなどにARアプリをインストールし、以下のターゲットを使うことでご覧いただけます。
*ARとは「Augmented Reality」の略で「拡張現実」と呼ばれているものです。



ARのアプリ「AR easy」の使い方については、以下を参照ください。

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


ACTR「現代版『京童』へのアプローチ―「国際京都学」研究における京都府立総合資料館所蔵古典籍活用の可能性―」の研究成果を公開します。への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.