ページの先頭です

本学教員がThe International Conference on Artificial Life and Robotics(人工生命とロボット工学に関する国際会議)で最優秀論文賞を受賞

[2014年1月17日]

本学生命環境科学研究科情報伝達システム学研究室および知能情報システム学研究室教員が、The International Conference on Artificial Life and Robotics(人工生命とロボット工学に関する国際会議)において、最優秀論文賞を下記のとおり受賞されましたので、お知らせします。

1 受 賞 者 

吉冨康成(生命環境科学研究科教授)

浅田太郎(生命環境科学研究科特任准教授)

加藤亮太(生命環境科学研究科特任研究員)

田伏正佳(生命環境科学研究科准教授)

 

2 受賞論文タイトル

「Method of Facial Expression Analysis Using Video Phone and Thermal Image(テレビ電話と温度画像を用いた表情分析法)」

 

3 受賞年月日 

平成26年1月12日(日)

 ※平成26年1月11日(土)~13日(月)開催のThe International Conference on Artificial Life and Robotics(開催場所:大分市コンパルホール)において、論文84題のうち2題が最優秀論文賞を受賞。

 

<The International Conference on Artificial Life and Roboticsについて>

 1996年から年1回開催されてきた国際会議の名称を、変更して1回目の開催。主催は、International Steering Committee of International Conference on Artificial Life and Robotics (ICAROB)、共催は、The Society of Instrument and Control Engineers (SICE, Japan)、The Robotics Society of Japan (RSJ, Japan)、IEEE Fukuoka Section (IEEE Robotics and Automation Society, Fukuoka Section, Japan)、Robot Association (JARA)、Chinese Association for Artificial Intelligence (CAAI, P. R. China)、University of Sultan Zainal Abidin (UniSZA)。人工生命とロボット工学に関する広範な学問領域を対象とする国際会議である。

お問い合わせ

京都府立大学生命環境学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


本学教員がThe International Conference on Artificial Life and Robotics(人工生命とロボット工学に関する国際会議)で最優秀論文賞を受賞への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.