ページの先頭です

京都三大学教養教育研究・推進機構 (教育IRセンター) 主催 平成25年度第3回公開研究会を開催します。

[2013年8月27日]

京都三大学教養教育研究・推進機構 (教育IRセンター) 主催 平成25年度第3回公開研究会

第3回 公 開 研 究 会

日 時

   平成25年9月10日(火) 14時00分~16時30分

場 所

   京都府立大学 本館・合同講義室棟3階 第4講義室    
     アクセスマップ→ http://www.kpu.ac.jp/contents_detail.php?co=kak&frmId=28

演題・内容

   
   「学生調査の理論と調査票の設計」 

    近年、学生の多様化が進む中で大学教育の質保証が問われています。各大学においては質保証を進めるためにシラバスの充実やカリキュラムの構造化、成績評価の厳正化など、様々な方策を取り入れています。しかし、こうした方策を十分に機能させ、有効な大学教育の質保証を行うためには、各大学の教育の現状や学生の実態を客観的なデータとして把握することが必要となってきます。
 今回はこうした現状を踏まえたうえで、有効な質保証、学生支援に向けての重要な基礎資料となる大学生調査について注目したいと思います。大学生調査を真に機能させるためには、各大学における教育方針・目標を念頭に置いたうえで、調査を通じて「何を把握したいのか」、「何を明らかにしたいのか」をあらかじめ明確にした調査票の設計が望まれます。そこで本報告では、大学生調査における調査票の設計において必要な事項や気を付けるべき点について、講師がこれまでかかわってきた大学生調査を事例として紹介いたします。そして、実際のデータの分析の例を取り上げながら、大学生調査データをどのように教学の質保証に生かせるのかについて、参加者の皆様と議論していきたいと思います。

  

講 師

  
   
谷田川ルミ(やたがわ るみ)先生
   
(芝浦工業大学工学部共通学群准教授

参加申込方法

   下記の京都三大学教養教育研究・推進機構のメールアドレスに、お名前、ご所属、連絡先(メールアドレス、
   電話番号
)をご記入の上お送りください
    E-Mail:kyouyou@kpu.ac.jp 

参加費

   無料

主催・後援

     主 催    京都三大学教養教育研究・推進機構 (京都工芸繊維大学、京都府立大学、京都府立医科大学)
      後 援  公益財団法人 大学コンソーシアム京都

案内ちらし(表面)

案内ちらし(裏面)

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

京都三大学教養教育研究・推進機構
電話:075-706-5136 FAX:075-701-8820
e-mail:kyouyou@kpu.ac.jp

京都三大学教養教育研究・推進機構 (教育IRセンター) 主催 平成25年度第3回公開研究会を開催します。への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.