ページの先頭です

文学部 岡本隆司准教授 編著『中国近代外交の胎動』刊行

[2009年8月10日]

本学文学部 岡本隆司准教授 編著『中国近代外交の胎動』が刊行されました。

『中国近代外交の胎動』
岡本 隆司, 川島 真 編
東京大学出版会(2009年4月)232ページ
ISBN: 978-4-13-021073-7

目次
序 章 中国近代外交へのまなざし(岡本隆司)
第I部 「夷務」の時代
 第一章 清代の通商秩序と互市--清初から両次アヘン戦争へ(廖敏淑)
 第二章 日清関係の転換と日清修好条規(森田吉彦)
 第三章 隣国日本の近代化--日本の条約改正と日清関係(五百旗頭薫)
第II部 「洋務」の時代
 第四章 在外領事像の模索--領事派遣開始前後の設置論(青山治世)
 第五章 在外公館の伝統と近代--洋務時期の在外公館とその人材(箱田恵子)
 第六章 中華帝国の近代的再編--在外華人保護論の台頭をめぐって(茂木敏夫・岡本隆司)
 第III部 「外務」の時代
第七章 韓国の独立と清朝の外交--独立と自主のあいだ(岡本隆司)
第八章 外務の形成--外務部の成立過程(川島 真)

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


文学部 岡本隆司准教授 編著『中国近代外交の胎動』刊行への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.