ページの先頭です

リカレント学習講座「『サウンド・オブ・ミュージック』で学ぼう英語と欧米社会」を開催しました。

[2008年11月8日]
リカレント学習講座の様子1


リカレント学習講座の様子2

10月4日から11月1日までの毎土曜日、5回に渡って、文学部欧米言語文化学科の教員によるリカレント学習講座「『サウンド・オブ・ミュージック』で学ぼう英語と欧米社会」を開催いたしました。ミュージカル映画を取り上げてリカレント学習講座を行うのは今回が3回目となります。各回とも講師がそれぞれの視点から『サウンド・オブ・ミュージック』を取り上げ、その見どころ聞きどころを語り、好評のうちに終了いたしました。

プログラム内容
第1回
サウンド・オブ・ミュージックに耳を澄まそう・・・映画の見どころ・聞きどころ
欧米言語文化学科 野口祐子 教授

第2回
マリアと子供たち・・・ヨーロッパにおける子供の文化史
欧米言語文化学科 浅井 学 准教授

第3回
「ドはドーナツのド」ではない?・・・英語から探る『サウンド・オブ・ミュージック』の魅力
欧米言語文化学科 山口美知代 准教授

第4回
オーストリア人はヒトラー嫌い!・・・『サウンド・オブ・ミュージック』にみる引き裂かれた国民の歴史
欧米言語文化学科 青地伯水 准教授

第5回
『サウンド・オブ・ミュージック』のアメリカ
欧米言語文化学科 金澤 哲 教授


参加者は5回を通し事前登録制で、およそ50名の方が参加されました。
欧米言語文化学科では今後もこのようなリカレント学習講座を2年に一度開催していく予定です。

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


リカレント学習講座「『サウンド・オブ・ミュージック』で学ぼう英語と欧米社会」を開催しました。への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.