ページの先頭です

京都府立大学公共政策学部・研究科開設記念シンポジウムを開催しました

[2008年3月6日]
あいさつ

 山田啓二 京都府知事を講師に迎えて、1月28日、本学大学会館において、京都府立大学公共政策学部・研究科開設記念シンポジウム「地域が活きる分権型社会の構築に向けて」を開催しました。

山田知事 記念講演

知事の講演

 山田知事からは、「地域力再生と大学の役割」と題して、「これからの日本を考えると、住民自治組織、NPO、大学、企業など、地域の様々な主体と行政とが、協働で課題を解決する『水平型ガバナンス』が必要である。大学も『水平型ガバナンス』の担い手の一つであり、新たに誕生する公共政策学部・研究科も地域を再生するため、その一翼を担ってほしい。」と講演されて、新しい府立大学への期待を語られました。

パネルディスカッション

パネルディスカッション

 続いて、「地域力再生と『公共』政策」をテーマに、小沢修司福祉社会学部長をコーディネータとし、井上正嗣 宮津市長や深尾昌峰 きょうとNPOセンター常務理事、4月に公共政策学部に着任予定の窪田好男 神戸学院大学准教授、佐野亘 人間環境大学准教授、本学からは川瀬光義教授も加わったパネルディスカッションが行われ、新たな公共政策学部・研究科の役割と、自治体・NPO・企業等との協働や連携の必要性についてそれぞれの立場からの提案が行われました。
 会場は立ち見の方も出るほどの盛況となり、新学部・研究科発足への熱い期待がうかがえました。

次 第

 1 あ い さ つ
    京都府立大学 学長  竹葉 剛

 2 記 念 講 演
     「地域力再生と大学の役割」
         ~新学部・研究科への期待を込めて~
     山田 啓二 京都府知事

 3 パネルディスカッション
     「地域力再生と『公共』政策」
    【パネラー】
      井上 正嗣  宮津市長
      深尾 昌峰   (特)きょうとNPOセンター常務理事・事務局長
      川瀬 光義  京都府立大学福祉社会学部教授(地方財政論)
      窪田 好男  神戸学院大学法学部准教授(政策評価)
      佐野  亘  人間環境大学人間環境学部准教授(政治学)
    【コーディネータ】
      小沢 修司  京都府立大学福祉社会学部長

 4 あ い さ つ
    京都府立大学地域学術調査研究センター長  宗田 好史

お問い合わせ

京都府立大学企画課

電話: 075-703-5147 FAX: 075-703-4979

e-mail: kikaku@kpu.ac.jp


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.