ページの先頭です

令和2年度後期試験の実施について(1/8更新)

[2021年1月8日]

 令和2年度後期試験について、別掲の時間割表により対面での試験を実施しますので、次のことに留意して試験を受けてください。なお、新型コロナ感染拡大の状況によっては、対面試験が中止となる場合があります。その際にはHPやキャンパスWEBシステムにて連絡がありますので、御注意ください。

●試験日時・教室については、通常授業と異なっている場合がありますので、必ず時間割表で確認してください。

●試験に際しては、学生便覧に記載の「受験上の注意」を確認してください。

「定期試験における学生の不正行為に係る措置について」の学内掲示をよく見ておいてください。不正が認められた場合は懲戒処分その他厳正な措置を行うとともに、当該学期の全履修科目を不合格とします。

追試験を希望する学生は必ず学生便覧の該当の頁を確認し、定期試験実施前までにあらかじめ学務課教務担当まで願い出てください。

 緊急等やむを得ない事情により定期試験実施前までに手続き出来ない場合、当該試験科目の試験実施前までに電話等により事情を学務課教務担当に連絡してください。試験開始後は受け付けませんので注意してください。

●試験期間中に試験を予定していないコースについても、休講等により実施できなかった科目の授業を割り当てることがあります。この期間の授業及び補講があった場合1号館西面の掲示板で時間割をお知らせしますので、必ず掲示板を確認してください。

受験上の注意

(1) 学生証を机上に提示すること。(忘れたときは、仮学生証の交付を受けなければ受験できない。)
(2) 筆記用具以外(許可されたものを除く)は、鞄等にしまい足元に置くこと。
(3) 携帯電話等を持っている者は、電源を切ること。また、これらを時計として使用してはならない。
(4) テキスト、参考書等の持ち込みが許可されている場合は各自が用意し、教室内での貸借はしないこと。
(5) 答案用紙に(大学)・学科・学年・氏名・学生証番号を記入する。
(6) 試験開始後30分以内は入室を許可する。試験開始後30分を超えて遅刻した場合は、その試験を受験できない。
(7) 試験開始後30分を経過しなければ、退室を許可しない。また、試験終了5分前は、退室を認めない。
(8) 緊急の場合の入退室は、試験監督者の許可を得る必要がある。
(9) 不正行為のないよう、お互いに注意すること。

   ※ 不正行為の事実が認められた場合は、

     懲戒処分その他厳正な措置を行うとともに当該学期の全履修科目を不合格とする。

試験時間(各80分)
コース

開始時間

終了時間

9:00

10:20
10:35

11:55
12:50

14:10

14:30

15:50

16:10

17:30

更新内容(1/8分)

<修正内容>
  ・社会福祉援助技術論Ⅳ(試験期間外))
        1月20日(水) → 1月13日(水) へ日程修正
        
     ・社会福祉援助技術演習Ⅱ
      対象科目の誤り 社会福祉援助技術論Ⅲ(火1)に科目修正

<追加内容>
  ・タンパク質化学
   2月4日(木)1コース  教室:第7講義室  追加修正
   

令和2年後期試験時間割表

お問い合わせ

京都府立大学学務課教務担当

電話: 075-703-5118 FAX: 075-701-2474

e-mail: kyoumu@kpu.ac.jp


Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.