ページの先頭です

文学部歴史学科岡本隆司教授著『中国の論理 歴史から解き明かす』が刊行されました。

[2016年8月19日]

文学部歴史学科岡本隆司教授、『中国の論理 歴史から解き明かす』を刊行

『中国の論理』


岡本隆司著

中央公論新社(中公新書)256頁
2016年8月発行
定価:本体820円(税別)
ISBN:978-4-12-102392-6


同じ「漢字・儒教文化圏」に属すイメージが強いためか、私たちは中国や中国人を理解していると考えがちだ。だが「反日」なのに日本で「爆買い」、「一つの中国」「社会主義市場経済」など、中国では矛盾がそのまま現実となる。それはなぜか――。本書は、歴史をひもときつつ、目の前の現象を追うだけでは見えない中国人の思考回路をさぐり、切っても切れない隣人とつきあうためのヒントを示す。


【目次】

Ⅰ史学

Ⅱ社会と政治

Ⅲ世界観と世界秩序

Ⅳ近代の到来

Ⅴ「革命」の世紀

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


文学部歴史学科岡本隆司教授著『中国の論理 歴史から解き明かす』が刊行されました。への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.