ページの先頭です

平成28年度 リカレント学習講座・京都「和食の文化と科学」 受講生募集のお知らせ

[2016年7月4日]

平成28年度 リカレント学習講座・京都「和食の文化と科学」 受講生募集のお知らせ

リカレント学習講座ポスター
本年度もリカレント学習講座・京都「和食の文化と科学」を開催いたします。この講座は、和食文化学に関する本センターの成果を京都府民の皆さまへと還元し、和食について深く学ぶことができるプログラムをご提供すること目的として企図されました。一般の方々のみならず、学生や留学生にも開かれています。

三年目となる今期は、懐石、酒、菓子、すし、おばんざい、そして米食の歴史といった和食文化を織り成す大切な要素について学ぶことができる内容となっています。

受付期間は7月11日から8月5日まで。

皆さまのお申込みを心よりお待ちしています

1.開催の概要

開催の概要

 日時講師
テーマ
 第1回
平成28年10月8日(土)
上田 純一 京都和食文化研究センター 特任教授
文献・仏典にたどる京料理の歴史
――懐石料理を中心に
 第2回平成28年11月12日(土) 太田 達 氏 (公益財団法人有斐斎弘道館 代表理事)

中村 修也 氏 (文教大学教育学部 教授)
日本文化の根幹としての宴会を考える
――酒と菓子の視点から
 第3回平成28年12月10日(土)佐々木 邦泰 氏 (鯖姿寿司 「いづう」 7代目当主)

コーディネーター 日比野 光敏 京都和食文化研究センター 客員教授
京とすし文化、京の鯖寿司
 第4回平成29年1月7日(土)今井 幸代 京都和食文化研究センター 客員教授
京のおばんざいと旧家の食のしきたり
 第5回       
平成29年2月11日(土)佐藤 洋一郎 京都和食文化研究センター 特任教授
DNAでたどる和食2000年の歴史
――日本人は何を食べてきたか
※各回、宗田好史・京都和食文化研究センター長が講師との対談を通して、和食文化の知見を深めるためのコーディネーターとして登壇します(第3回を除く)。

2.受講対象者

和食文化に興味や関心をお持ちの方

学生・留学生

※原則として5回全てに参加していだける方

(5回全てに出席された方には修了証を授与いたします)

3.会場

京都府立大学 稲盛記念会館104教室

4.定員

130名

※定員になり次第、締切とさせていただきます。予めご了承くださいませ。

5.参加費用

全5回5000円 (学生・留学生は無料)

6.申込方法

①お名前とフリガナ、②ご連絡先(住所、電話番号)を明記の上、ハガキあるいはE-mailにて、下記宛までお申込みくださいませ。また、学生・留学生方は学校名、学部名を明記してください。

宛先:京都府立大学 京都和食文化研究センター

〒606-8522 (住所記入不要)

E-mail: kpuwashoku@kpu.ac.jp

7.お問い合わせ

京都府立大学京都和食文化研究センター

TEL: 075-703-5251 E-mail: kpuwashoku@kpu.ac.jp

8. チラシのダウンロードはこちらから

京都「和食の文化と科学」紹介チラシ裏

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

京都府立大学 京都和食文化研究センター 京都和食文化研究センター担当
電話: 075-703-5251 ファックス: 075-703-5149 E-mail: kpuwashoku@kpu.ac.jp

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.