ページの先頭です

精神保健福祉士 国家試験で2年連続、合格率100%を達成!

[2016年3月19日]

【概要】

 3月15日に、第18回精神保健福祉士国家試験の合格発表が行われました。

 本学では、公共政策学部 福祉社会学科 精神保健福祉士養成課程5期生に当たる6名が受験し、「全員が合格」いたしました。卒業後は、それぞれ、京都府下を中心とする精神科病院や指定障害福祉サービス事業所等で、専門職としてのキャリアをスタートさせます。

 これまでにも本課程では、資格を取得した卒業生の95%が、医療または福祉関連の機関・施設に就職しています。資格取得を最終目的とするのではなく、「有資格専門職としていかに医療・福祉の現場で有用な働きができるようになるか」を強く意識している学生が多く、授業以外での自主学習や地域活動が活発なことは、本課程の特徴のひとつであると言えます。

 今後も、本学の少人数教育の強みを活かして、単なる知識や技術の習得に留まらず、支援を必要としている人の心に寄り添うことのできる、質の高い人材を輩出し、公立大学としての「地域貢献・社会貢献」に務めて参ります。

 

厚生労働省HP「第18回精神保健福祉士国家試験合格発表」

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000115879.html

(厚生労働省 参考資料:学校別合格率)※PDFファイル

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12205000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu-Seishinshougaihokenka/0000116077.pdf




*精神保健福祉士とは?
 1997年に誕生した精神保健福祉領域のソーシャルワーカーの国家資格です。国内では、1940年代後半より精神科病院等に配置され、資格制定以前はPSW(Psychiatric Social Worker)と呼ばれていました。
現在、社会福祉専門職の国家資格には、精神保健福祉士と社会福祉士がありますが、いずれも、その専門性の基盤となるのは「ソーシャルワーク」であり、アイデンティティは共に「ソーシャルワーカー」であると言えます。国際的にもソーシャルワーカーという名称が広く用いられており、「〇〇を主に対象とするソーシャルワーカー」という表現がよくみられます。
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/nation/psw.html (厚生労働省のHP)
http://ifsw.org(International Federation of Social Work=国際ソーシャルワーカー連盟のHP)

お問い合わせ

公共政策学部 福祉社会学科 山野研究室
email: n_yamano@kpu.ac.jp

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.