ページの先頭です

平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に採択されました

[2015年12月10日]

平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に採択されました

 この度、文部科学省が実施する平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に、本学が参画する「北京都を中心とする国公私・高専連携による京都創生人材育成事業」(代表校:京都工芸繊維大学、参加機関:京都府立大学、京都学園大学、舞鶴工業高等専門学校、京都府、企業・NPO等)が採択されました。

 本事業は、平成27年度から平成31年度までの5年間、北京都(府北部・中部地域)を中心として、京都工芸繊維大学北京都分校(福知山キャンパス)を拠点に、府内の国公私立大学・高専、地方自治体、企業等との連携により、理工系及びサービス経営人材を輩出し、若者を地元に定着させることで、府全体の地域活性化を図る取組です。

 本学は、公務員、観光産業等のサービス経営人材を育成するため、「地域創生人材資格プログラム」の新設や「京都地域創生伝道師人材バンク」の創設、北部地域を中心としたインターンシップやPBLの実施等に取り組みます。

 

事業概念図

画像をクリックすると拡大します。

※ 「COC+事業」とは

 平成27年度に新設された「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」で、最大5年間を補助期間として地方創生に取り組む大学・企業・地方自治体連携事業を支援するもの。

  

( 参考URL )

 文部科学省Webサイト「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」

お問い合わせ

京都府立大学企画課

電話: 075-703-5147 FAX: 075-703-4979

e-mail: kikaku@kpu.ac.jp


平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に採択されましたへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.