ページの先頭です

南丹市と連携協力包括協定を締結しました

[2014年1月31日]

  包括協定調印式で握手する
  佐々木市長(左)と渡辺府立大学学長

  南丹市との連携・協力の取組を今後一層推進するため、平成26年1月31日に連携協力に係る包括協定を締結しました。

  南丹市は京都府のほぼ中央に位置し、府南北の文化・経済の交流拠点の街として、健康推進、環境保全、文化・観光の振興など街づくりに積極的に取り組んでいます。

  一方、京都府立大学は府民の大学として、地域貢献、地域振興を大学の理念の一つに据えて、教育・研究活動を行っています。

  南丹市と府立大学は、これまでから、府立大学の地域貢献型特別研究(ACTR)を活用して、健康増進施策の企画・評価、中山間地域の農地保全・地域活性化の研究等の共同研究を実施するとともに、地域文化セミナーの共催、市民参画推進の活動に協働してきました。

  この連携協力包括協定を結ぶことにより、幅広い分野で南丹市の課題に対応するとともに、府の南北を繋ぐ南丹地域の更なる発展に貢献していきたいと考えています。

  包括協定では、今後、次の事項について連携協力を更に進めていくこととします。

 (1)保健・福祉の充実に関する事項

 (2)食育に関する事項

 (3)まちづくりの推進に関する事項

 (4)人材の育成に関する事項

 (5)産業振興に関する事項 等

 

お問い合わせ

京都府立大学企画課

電話: 075-703-5147 FAX: 075-703-4979

e-mail: kikaku@kpu.ac.jp


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.