ページの先頭です

流木祭にて公共政策学部・杉岡ゼミが宇治田原町と地域協働事業を展開

[2012年12月12日]
 去る11月18日(日)、公共政策学部の杉岡ゼミが主催となり、本学の流木祭にて、包括協定先である宇治田原町及び地元のまちづくり団体「21お茶のふるさと塾」と連携した地域協働事業として、「お茶ひき体験と茶菓子付き抹茶の提供」「宇治田原産抹茶入りクッキーの販売」「宇治田原産和紅茶(茶菓子付き)の販売」が行われました(宇治田原町のゆるキャラ「茶っピー」も登場!)。
 本事業は、地域連携センターのパイロットプロジェクトにも位置づけられ、今後ますますこうした大学と地域との協働によるプログラムづくりが期待されます。



茶摘み娘の衣装で売り子

茶摘み娘の衣装で売り子

石臼で挽くのは子どもたちにも大好評

石臼で挽くのは子どもたちにも大好評

宇治田原町のマスコットキャラクター「茶ッピー」

宇治田原町のマスコットキャラクター「茶ッピー」

キャンパス中を茶摘み娘と茶ッピーで営業

キャンパス中を茶摘み娘と茶ッピーで営業

杉岡ゼミ全員で記念写真

杉岡ゼミ全員で記念写真


(ゼミ生の声)

・本学にはない、新しい取組ができてよかったです!ありがとうございました。(藤井)

・お茶について事前に学んでおかなかったことが反省する点でしたが、宇治田原町の方と私たち府大生との交流の第一歩になって良かったです。(矢島)


・宇治田原町のみなさんと共にお茶を売る。今までの学祭には無かったことでとても貴重な体験でした。 (浮田)

・茶摘み衣装が想像していた以上にかわいくて着られて良かったです。茶っピーも大人気で宣伝効果抜群でした。 (橋本)

・ふるさと塾さん・宇治田原町さんのたくさんのサポートをいただけたおかげで完売でき、とてもうれしかったです。 (増田)

・抹茶のとき方、入れる量によって全然味が違うことなど、勉強になりました。また、たくさんの方に茶っピーを覚えてもらえたと思います。次の機会を楽しみにしています。(宮下)

・流木祭お疲れさまでした。お茶もクッキーも完売できて良かったです。茶っピーの宣伝にもつながったのではないかと思います。準備や当日にいろいろと助けていただき、ありがとうございました。(吉岡)

お問い合わせ

京都府立大学公共政策学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


流木祭にて公共政策学部・杉岡ゼミが宇治田原町と地域協働事業を展開への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.