ページの先頭です

文学部の全体像

[2012年11月19日]

学部長からのメッセージ

ことば・文学・歴史・文化遺産に関心のある人、来たれ!
文学部長

【文学部長 渡邊伸教授】

文学部は、英語ではFaculty of Letters、文字の学部、と表記します。文字は、古代メソポタミア以来、情報を伝達し、保存することによって人類の文化を育んできました。文学部は、文字とことば、そしてテキストを中心として、さまざまな情報の伝達と理解、保存を考える場なのです。

わたしたちの文学部では、教員1人あたり学生3人弱という少人数教育によって、専門教育を懇切丁寧に進めます。また、京都文化学コース、英語コミュニケーション・プログラム、文化遺産プログラムという三つの学科横断プログラムを通して、視野を広め、知見を深めていくことによって、みなさんの持つ、自ら問題を発見し、それを解決する能力をいっそう高めてもらうことを目標としています。

京都で、日本と世界の歴史と文化を学び、国際的な視野を持って今日の課題を考え、世界との交流を進めていこうという意欲あるみなさんを、文学部一同心よりお待ちしております。

学部の教育の理念・目標

 文学部は、人間の文化的・社会的営為に関する人類の叡智を継承し、ことばと文学、歴史と文化遺産にかかわる専門領域を深く教育・研究するとともに、現代社会・地域社会が提起する諸課題にこたえるために、知の拠点として、つねに新たな教育・研究領域を開拓することを目指しています。また、そのたえざる探求と教育とをつうじて、幅広い教養を備えるとともに、豊かな人間性と高度な専門性、および総合的な視野を養うことにより、地域文化・地域課題をにない、また国際化社会にも貢献しうる有為な人材を育成することを目指しています。

学科の構成

日本・中国文学科   日本語学・日本文学・中国文学を、相互の関連をふまえながら教育・研究を行います。

欧米言語文化学科   欧米言語文化・英語学・比較言語文化・日英翻訳文化の教育・研究を行います。

歴史学科   日本を中心として広く世界について、その社会と文化、思想の歴史的展開に関する教育・研究を行います。

お問い合わせ

京都府立大学広報委員会(Web広報担当)

電話: 075-703-5212 FAX: 075-703-4979

e-mail: kikaku@kpu.ac.jp


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.