ページの先頭です

学生生活(経済生活)の支援について

[2018年1月15日]

1. 授業料の減額及び免除

 学資の支弁が著しく困難な生活困窮者の子弟等で、学業成績が良好と認められる者は、授業料の免除(全額又は半額)を受けることができます。

 主な基準は、

  1. 成績良好であること
  2. 授業料を主として負担する者が生活保護法による生活扶助を受けている場合
  3. 2に準じる生活困窮者の場合
  4. 授業料納付期限前1年以内に、授業料を主として負担する者が死亡、疾病、生業不振、風水害等の災害により生活困窮者となった場合

また、前期期間中に上記4に掲げる理由が発生し、授業料の納入が著しく困難になったときは後期授業料の免除申請をすることができます。

 授業料減免の説明ページへ

2. 奨学金制度

 奨学金制度は、憲法第26条及び教育基本法第4条第1項に示されている教育の機会均等を実現するためのものであり、勉学意欲があるにもかかわらず経済的理由により修学が困難な優れた学生に対して修学資金の一部を援助(貸与又は給付)することを目的としています。

 奨学金の種類としては、日本学生支援機構のほかにも、地方公共団体・民間奨学団体のものがあります。入学後の経済生活の設計をこれらの奨学金制度に期待している者も多いと思いますが、いずれも採用数に制限があり、必ずしも希望者全員が採用されるわけではありません。ちなみに本学の場合、在学生の約38%が奨学生です。

 奨学金の説明ページへ

3. 生活資金貸付制度

経済生活を援助するため、「京都府立大学学生生活資金貸付規程」により生活資金の貸付けを行っています。

 生活資金貸付制度の説明ページへ

4. 下宿等のあっせん

下宿や学生向けアパートの物件紹介業務を(株)学生情報センターに委託しています。

 下宿紹介のページへ

アルバイトのあっせん

学生がアルバイトを希望する場合は、次の2つの方法により紹介しています。
  1. インターネット(京都府立大学アルバイト紹介システム)
  2. 求人票の掲示
 アルバイト紹介のページへ

お問い合わせ

京都府立大学広報委員会(Web広報担当)

電話: 075-703-5212 FAX: 075-703-4979

e-mail: kikaku@kpu.ac.jp


学生生活(経済生活)の支援についてへの別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.