ページの先頭です

平成22年度の協働研究テーマ

[2010年7月21日]

1)    持続発展可能な京都ならではの地域環境政策に関する研究

 京都府が先進的な環境政策(リサイクル、温暖化対策、モデルフォレスト、自然環境の保全・活用等)を総合的に推進していくための基礎的な研究を平成21年度に引き続き行う。特に平成21年度に立ち上げた「京都環境文化学術フォーラム」(京都府、地球研及び京都大学等との協働運営による国内外の学術者等を招聘するシンポジウム)の場を通じて本研究成果を発信していくための取組も引き続き推進する。

2)    府民福祉の新たな展開に関する研究

 ユニバーサルデザインの実現等ノーマライゼーションに向けての諸課題を研究する。特に平成22年度は障害者福祉を中心に、障害者への所得保障システムのあり方、就労支援から生活総合保障への転換、相談支援業務のあり方等について研究を進め、府民福祉の向上を目指した新たな展開を、公共政策のあり方を探りつつ、さまざまな方向から研究する。

3)    地域力再生・活性化のための政策事例研究

 「地域力」再生を更に推進するため、平成22年度も国内外における「地域力」再生・活性化のための様々な政策事例を収集し、それらと府内の地域力再生事業などとの比較分析を含む地域力再生の総合的な評価・分析を通じて、府内における新たな地域力再生・活性化に向けたシステム構築を模索する。

4)    里力再生 2nd Stageへむけた研究

 京都府では平成20年度から「ふるさと共援活動支援事業」、21年度から「共に育む『命の里』事業など、地域が主体となった農山村地域の再生を進めている。両事業とも、事業の有効性や効果などを検証し、次へのステージ(2nd Stage)に向けて、よりよい事業スキームを検討していく必要があり、22年度に府と府立大学が協働でその研究を行う。

お問い合わせ

住所:〒606-8522 京都市左京区下鴨半木町1-5
京都府立大学 公共政策学部
京都政策研究センター
TEL&FAX:075-703-5319
E-mail:kpiinfo@kpu.ac.jp

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.