ページの先頭です

「由良の魅力発見と由良の里自然公園(エコパーク)づくり」

[2008年9月1日]

 宮津市の丹後由良駅南側の、長期間耕作されていなかった深田・アシ原の湿地やミカン畑約1ヘクタールを、由良の里自然公園として整備する3カ年計画がスタートしました。

 里道づくり、昆虫・植物調査、そして、由良の子どもたちとの田舟遊び、どろんこ遊びをおこないました。

 今後、この公園を、住民の散策の場として、また、子どもたちの遊びの場・集いの場・学びの場として、府大生や住民の皆さんと一緒に守り・育てていく予定です。

 29日の演習発表会には、井上宮津市長をはじめ、地元の方二十数名が参加してくださいました。

 

◆ 期 間: 8月27日(水)~8月30日(土)

◆ 拠 点:由良の里センター(由良地区公民館)

◆ 各班のテーマ

(1班) 公園ぐるっと散策道の整備

1) 公園東側、北側の小道を整備する(太枝やアシの整備、水辺の草刈り、道標の設置)

2) 植物調査(写真撮影、植物名の同定)

(2班) 公園内の池の生物(水生植物、水生昆虫)調査

(3班) 公園内の池の田舟遊び検討と小学生参加による田舟遊びの実践

◆参加者:計24名

   教員・専門家:吉安、田淵、三橋(府立大学)、面矢(滋賀県立大)、袖岡(NPO)          

   学生:府大大学院生6名、3回生9名、滋賀県立大学生4名

里道整備
水生昆虫調査
田舟遊び
KTRと記念写真

お問い合わせ

大学院生命環境科学研究科
環境科学専攻生活デザイン学研究室 教授 三橋俊雄
TEL:075-703-5435

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.