グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


学生生活

医務室


学生生活の基盤である健康の保持増進を図るため、医務室を設け、健康診断、健康相談、応急処置等を行っています。また、学校医による健康相談を行っています。

AED(自動体外式除細動器)の設置について

AED(自動体外式除細動器)とは

AEDは、心肺停止状態となっている心臓に電気ショックを与え、正常な状態に戻すための医療機器です。AEDの音声メッセージに従うことで、誰でも安全かつ簡単に操作することができます。
本学では、AEDを本館玄関東側側面の保安室前及び体育館正面出入口内扉右側に設置しており、年に1回、AEDを使用した「普通救命講習会」を実施していますので、ぜひ参加してください。
また、京都市消防局では、救命・応急手当を行うための知識と技術を学ぶ講習が定期的に開催されていますので、積極的に参加してください。

AEDの設置場所

AEDの使用手順

1. AEDを傷病者のもとへ運び、電源を入れる。(蓋を開けると自動的に電源が入るタイプ有り。本学のAEDは、このタイプとなります。)
2. 傷病者に合った電極パッドを装着する。(装着する間も胸骨圧迫はできる限り継続する。)
3. 心電図を解析する。(傷病者の体から離れる。)
4. 通電(ショック)ボタンを押す。(傷病者の体から離れる。)
※使用手順については音声メッセージが流れます。