ページの先頭です

文学部欧米言語文化学科桐山恵子准教授が『英国詩でダンス―ページのなかのバレリーナ』を刊行

[2018年5月11日]

文学部欧米言語文化学科桐山恵子准教授が『英国詩でダンス―ページのなかのバレリーナ』を刊行

『英国詩でダンス ページのなかのバレリーナ』 桐山恵子 著

 2018年5月発行 
小学館スクウェア 127頁
定価 本体1,300円+税
ISBN 978-4-7979-8434-7

 「緞帳から トウシューズのきらめく音が零れてくる……
シモンズ、ワイルド、ハーディ、クリスティーナ・ロセッティほか、ダンスをモチーフにした詩23篇」

  • 本書の「プログラム」より
    開幕  
    第I幕 ミュージック・ホールへようこそ  
    第II幕 幻想のダンス
    幕間休憩 
    第III幕 舞踊にまつわる物語 
    第IV幕 生と死のダンス
    閉幕         
表紙画像

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: bunmaster@kpu.ac.jp


文学部欧米言語文化学科桐山恵子准教授が『英国詩でダンス―ページのなかのバレリーナ』を刊行への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.