ページの先頭です

平成30年度前期(第8期)「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の募集について

[2017年7月3日]

~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラムとは~

 (独)日本学生支援機構では、官民が協力して海外留学を支援するために創設された「グローバル人材育成コミュニティ」に協力する企業からの支援により、「産業界を中心に社会で求められる人材」「世界で、又は世界を視野に入れて活躍できる人材」の育成を目的に、学生が自らの明確な目的に基づき立案した実践活動を含む留学計画を支援する海外留学奨学金支援制度の申請を募集しています。

留学計画の申請要件

・平成30年4月1日から平成30年10月31日までの間に諸外国において留学が開始される計画

・留学期間28日以上2年以内(3ヵ月以上推奨)の計画

・留学先における受入れ機関(以下、「留学先機関」という。)が留学開始までに確保できる計画

・京都府立大学が教育上有益な学修活動と認める計画

・留学の目的に沿った実践活動が含まれている計画

*語学留学のみの計画は支援の対象となりません。

*原則として、日本で開催される事前研修に参加する必要があります。 

支援の内容

<大学全国コース> (機構第二種奨学金に掲げる家計基準を満たす学生対象)

・奨学金  月額12万円、16万円(留学先地域による)

・留学準備金

   事前・事後研修参加費の一部

   往復渡航費の一部 15万円、25万円(留学先地域による)

・授業料(学費・登録料)

   ①1年以内の留学 上限30万円 ②1年を超える留学 上限60万円(13ヵ月以上)

   ※語学の授業料のみの場合は、支援対象外となります。

<大学オープンコース>  (機構第二種奨学金に掲げる家計基準を超える学生対象)

・奨学金  月額6万円

・留学準備金

   事前・事後研修参加費の一部

   往復渡航費の一部 15万円、25万円(留学先地域による)

・授業料(学費・登録料)

   ①1年以内の留学 上限30万円 ②1年を超える留学 上限60万円(13ヵ月以上)

   ※語学の授業料のみの場合は、支援対象外となります。

派遣留学生の要件

日本国籍を有する学生又は日本への永住が許可されている学生

京都府立大学の学部生又は大学院生である学生

京都府立大学が派遣を許可し、留学先機関が受入れを許可する学生

留学に必要な査証を確実に取得し得る学生

本制度で実施する事前・事後研修及び留学生ネットワークに参加する学生

留学終了後、京都府立大学で学業を継続又は学位を取得する学生

平成30年4月1日現在の年齢が30歳以下である学生

インターンシップ等での報酬や他団体等からの留学のための奨学金を受ける際には、その平均月額が、本制度による奨学金の支給月額を超えない学生

本制度の第1~7期派遣留学生でない学生

障害のある学生で、本制度に申請するにあたり支援が必要な場合には、事前に相談してください  

採用予定人数

理系、複合・融合系人材コース: 220名

新興国コース: 80名

世界トップレベル大学等コース:100名

多様性人材コース100名

応募方法・期限

<応募方法>

1)事務局企画課(稲盛記念会館1階事務室内) へ来課し、応募の意向を伝える。

2)事務局企画課よりオンライン申請に必要な応募用キーコードを受け取る。

3)トビタテのウェブサイトの指示に従いオンライン申請を行う。

  (オンライン申請システムは7月3日(月)オープン)

<期限> 学内締め切り:平成29年10月6日(金)

*支援の対象となる留学の内容や審査の観点など応募詳細については募集要項をご覧ください。募集要項のダウンロードはトビタテ!留学JAPAN ホームページからお願いします。

〈文部科学省 トビタテ!留学JAPAN ホームページ(応募詳細等)〉

 http://www.tobitate.mext.go.jp/

*お問い合わせは、事務局企画課(075-703-5905、稲盛記念会館1階事務室内)まで。

お問い合わせ

京都府立大学 企画課
電話: 075-703-5905 ファックス: 075-703-4979
E-mail: kikaku@kpu.ac.jp

平成30年度前期(第8期)「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の募集についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.