ページの先頭です

生命環境科学研究科の院生が2016年度日本土壌肥料学会関西支部講演会優秀発表賞を受賞しました。

[2017年2月22日]

本学生命環境科学研究科応用生命科学専攻土壌化学専門種目の院生が2016年度日本土壌肥料学会関西支部講演会優秀発表賞を受賞しました。

1 受賞者

応用生命科学専攻博士前期課程1回生 富田 真悠

2 受賞内容

2016年度日本土壌肥料学会関西支部講演会優秀発表賞

3 受賞題目

「蛇紋岩上に発達した土壌における有機物・水酸化Alポリマー除去に伴う放射性セシウム吸着能の変化とその規定要因の解析」

4 受賞年月日等

平成28年12月8日(木)

日本土壌肥料学会関西支部が主催する2016年度の同支部講演会(平成28年12月8日(木)於:メルパルク京都)における対象口頭発表総数18件のうち4件が若手発表賞として表彰された。

<参考>

日本土壌肥料学会 website  http://jssspn.jp/info/branch/2016-2016128129.html

 

お問い合わせ

京都府立大学生命環境学部

e-mail: lemaster@kpu.ac.jp


生命環境科学研究科の院生が2016年度日本土壌肥料学会関西支部講演会優秀発表賞を受賞しました。への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.