ページの先頭です

生命環境科学研究科の研究成果が米国の科学誌「PLOS Pathogens」に掲載されました

[2017年2月2日]

久保康之教授(生命環境科学研究科)、小玉紗代(博士後期課程3回生)らのグループの研究成果が米国の科学誌「PLOS Pathogens」オンライン版に掲載されました

 

論文タイトル:植物病原菌の宿主植物認識を介した感染器官の形成を制御する機構の解明

動植物が温度や光を感知するのと同様に、菌類も環境要素を認識しています。多くの植物病原菌の胞子は、植物に付着すると表面の硬さや疎水性といった物理的形状や、クチクラ成分などの化学的物質を感知して、自らが植物上にいることを認識します。それが引き金となって胞子が発芽し、付着器と呼ばれる細胞を植物表面に形成した後、付着器から菌糸が細胞壁を突き破って侵入し感染に至ります。

今回の研究は、炭疽病菌がクチクラ成分を感知し付着器を誘導するメカニズムを明らかにするもので、病原菌の植物認識機構をターゲットとした新規農薬の開発や、病原菌に認識されない作物の開発につながる可能性があると期待されます。

なお、本研究は、JSPS科研費JP15H05780及び京都府立大学 植田安也子学術振興基金の助成を受けたものです。

大学記者クラブ 発表資料

発表雑誌

  1. 雑誌名: PLOS Pathogens(オンライン版:2月1日)
  2. 論文タイトル: The Morphogenesis-Related NDR Kinase Pathway of Colletotrichum orbiculare is Required for Translating Plant Surface Signals into Infection-Related Morphogenesis and Pathogenesis
  3. 著 者: Sayo Kodama, Junya Ishizuka, Ito Miyashita, Takaaki Ishii, Takumi Nishiuchi, Hideto Miyoshi and Yasuyuki Kubo
  4. 論文URL: http://journals.plos.org/plospathogens/article?id=10.1371/journal.ppat.1006189

 

お問い合わせ

生命環境科学研究科 植物病理学研究室(教授 久保康之)

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.