ページの先頭です

あなたがハラスメントの加害者にならないために

[2009年4月1日]

 ハラスメントは,「相手が望まない行為」であり,同じ行為でも人によって,ハラスメントになったりならなかったりします。 
例えば,

  • 親しさを表したつもりでも,相手を不快にさせていることはありませんか。
  • 相手と良好な人間関係ができていると,勝手な思い込みをしていませんか


そして,

  • 相手が拒否したり,嫌がっていることが分かったら,同じ言動を繰り返さない。
  • 「この程度なら相手も許容するだろう」と勝手な憶測をしない。
  • 相手から明確な拒否がないからといって,同意していると勘違いしない。
  • コンパなどのお酒の席上ではとくに注意しましょう。

 

お問い合わせ

京都府立大学管理課総務担当

電話: 075-703-5102 FAX: 075-703-5149


あなたがハラスメントの加害者にならないためにへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.