ページの先頭です

平成25年度桜楓講座(春の部)を開催しました

[2013年6月1日]

5月25日(土)及び6月8日(土)に「桜楓(おうふう)講座」(春の部)を開催しました。

今年度から新しい取組みとして、各講座開始前に本学学生の課外(サークル)活動を発表させていただく取組みを行いました。

5月25日は雅楽会、6月8日はジャズ研究会の活動を発表したところ、参加者の方々から、学生の一生懸命さが伝わってきた、初々しくて良かった、楽しかった、今後も続けて欲しいなど、たくさんの暖かいお言葉をいただきました。

 

昨年度創部した雅楽会の発表風景

28周年を迎えるジャズ研究会の演奏風景

Aコース:インターネットと日本の魂

5月25日(土)10:00~12:00

生命環境科学研究科教授 吉冨康成

「インターネット」は、アメリカ国防総省のプロジェクトから生まれ、情報革命をもたらした「西洋の科学技術」であり、一方、「武士道」は、神道、禅宗、儒教をその拠り所とする「東洋思想」であるところから話しが始まり、インターネットが生まれた経緯、光と影、そして、「国のかたち」や「人間」をも変えてしまう「危うさ」について講演がありました。アテネオリンピックの長嶋ジャパン、第1回WBCの王ジャパン、なぜ、サムライジャパンなのか。学校ネットパトロールシステム、認知症・高齢者の音楽療法のための楽曲推薦システム、うつ病遠隔診断支援システムの研究などにも触れながら、現代日本人の精神の拠り所について話しがありました。

 

Bコース:社会発展と家族の進化

6月8日(土) 10:00~12:00

公共政策学部教授 小沢修司

社会の変化・発展につれて家族も変化していきます。そんなことは言われなくても当たり前…とはなかなか思えないのが実際のところではないでしょうか?なぜなら、日常の生活の中での変化って、気が付きにくいものなのです。家族って空気のような存在で、有って当たり前、いや人によっては無くて当たり前の場合だってあります。講演では、人によってさまざまな当たり前が渦巻く家族の変化する姿を、戦後の日本経済の発展と重ね合わせながら考えるとともに、これからの家族の姿も考えてみました。

お問い合わせ

京都府立大学企画課

電話: 075-703-5147 FAX: 075-703-4979

e-mail: kikaku@kpu.ac.jp


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.