ページの先頭です

森林科学科紹介

[2012年11月19日]
◆ 生物と環境を守り、災害を防ぎ、資源を恵んでくれる森を学ぶ

教育の基本方針

 近年、森林の保全や木質系資源の有効利用が、地球環境問題やエネルギー問題の解決にとってますます重要となってきています。当学科では、森林の持つ木質資源の生産、水資源の涵養、災害防止、環境保全などの多面的な機能の理解と、その機能の活用に必要な森林管理や木質資源の利用などに関する知識を身につけた人材を育成することを目的としています。さらに、専門知識の修得だけでなく、論理的な判断力や高い倫理観を備えた高度な技術者、専門家の育成を目的としています。

カリキュラムの特徴

広い領域をカバー

 森林生理生態学、森林植生学、森林計画学、砂防学、流域情報学、生物材料物性学、森林生物資源化学、森林資源循環学といった森林学から林産学にわたる森林科学の広い領域をカバーしたカリキュラムを編成しています。

実験・実習を重視

 実際の森林での体験を重視し、実験・実習科目を多く取り入れています。森林の調査や研究に必要な技術として、植生調査、地形測量、樹木計測などを身につける実習を行っています。また、木質資源の利用に関する基礎技術を修得するための実験も充実させています。

マンツーマン教育

 森林科学科の定員は1学年35人と少なく、これに対して森林科学科の担当する教員の数は16人ですので、特に専門教育が主体となる3、4回生ではマンツーマンに近い教育を行うことができます。このため、学生それぞれの個性に合わせて、学生と教員が相互的に理解を深めながら教育を行うことができます。

教育の仕上げ 卒業論文

 3回生までに学んだ教養教育科目の幅広い内容と専門教育科目の専門的な内容から得た知識や技術、経験を活かして、4回生では卒業論文作成のための研究に取り組みます。1年間をかけて、研究を進め、論文としてまとめ上げる過程で、自ら考え、工夫し、創造力を育み、高度な技術者、専門家の育成を行います。

4年間の学習の流れ

森林科学科カリキュラム

 森林科学科のカリキュラムの流れ(概略図)です。クリックで拡大します。

進路・就職

進路・就職のイメージ

 大学院進学が半数を占めますが、就職先としては、国家公務員(国土交通省、林野庁、環境省等)、地方公務員は林業、林産、砂防、土木、造園職等、民間企業では住宅産業、建材メーカー、土木建築、建設コンサルタント、緑化関連企業等に就職しています。
 詳しくはこちらのページ(森林科学科のホームページ)をご覧ください。

取得できる資格

 教員免許(中学・高校理科)・(高校農業)、学芸員、樹木医補、森林情報士2級

所属教員と研究テーマ

 学科の所属教員と研究テーマについては、こちら(学部の教員紹介ページ)をご覧ください

学科関連リンク

各種ポリシー

学科独自ページ

 森林科学科のホームページ

 ・研究室のホームページ
  森林生態学(森林生理生態学, 森林植生学, 森林資源循環学

  流域保全学(樹木保全学,森林計画学,流域情報学,  砂防学

  森林資源学(生物材料物性学, 木材化学木質生化学

附属施設

お問い合わせ

京都府立大学広報委員会(Web広報担当)

電話: 075-703-5147 FAX: 075-703-4979

e-mail: kikaku@kpu.ac.jp


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.